1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中の1月20日 井口深雪 2位予選通過 決勝進出!【速報】

[ ここから本文 ]

2007年1月20日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

1月20日 井口深雪 2位予選通過 決勝進出!【速報】

2007年1月20日(土)  [荒井秀樹]

IPCワールドカップ第2戦ドイツ大会速報


2007年1月20日、スプリントレース(クラシカル)、視覚障害(ブラインド)に出場した井口深雪(旧姓小林)が2位、予選通過し、決勝に進出する。立位(スタンディング)に出場した太田選手は、7位で残念ながら決勝進出ならなかった。1位から4位までが決勝に進出。


立位は、1kmのコースで、20秒間隔でスタートして行われた。


立位の1位は、ロシアのアレイナで、計算タイム 2分26秒53(リアル 2分39秒27)。7位の太田渉子は、計算タイム 2分40秒87(リアル 2分54秒86)だった。


視覚障害も、1kmのコースで、20秒間隔でスタートして行われた。


1位はロシアのタチアナで、計算タイム 2分20秒36(リアル 2分20秒36)。2位の井口深雪は、計算タイム 2分21秒44(リアル 2分42秒57)だった。


決勝はこの後行われる。視覚障害女子決勝は、タチアナ(ロシア)、井口(日本)、ヤビアナ(ベラルーシ)、ロブオブ(ロシア)の4人で争われる。


スタートは、ハンティングスタートで、障害の重いクラスの選手からスタートしていく。


B1クラスの井口深雪がスタートしてから、15秒後にB2クラスのヤビアナ、ロブオブがスタートし、B3のタチアナがその17秒後にスタートする。先にフィニッシュした者が勝者となる。

大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.