1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中の1月24日 ドイツ大会最終日、白熱のレースで太田渉子奮闘! 

[ ここから本文 ]

2007年1月25日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

1月24日 ドイツ大会最終日、白熱のレースで太田渉子奮闘! 

2007年1月25日(木)  [荒井秀樹]

IPCワールドカップ第2戦ドイツ大会レポート


2007年1月24日、IPCワールドカップ・ドイツ大会最終日。クロスカントリー フリー競技 13.6km女子スタンディング(立位障害のクラス)に出場した太田渉子は、55分30秒4で4位だった。


雪不足のため、急ごしらえの1.7kmコースで行われたレースは、ブラインド男女、スタンディング男女の選手に、ガイドも含め100名が狭いコース上にあふれ、特に視覚障害の選手にとっては、走りにくいレースだった。


女子スタンディングは、序盤から白熱したレース展開だった。トップを走っていたロシアのアレイナが6周目、急な下りで大きく転倒し、途中棄権した。太田渉子は最後まで奮闘したが、表彰台にからむレース展開はできなかった。


次のワールドカップ・スウェーデン大会(2月)に期待がかかる。引続き、皆さんの応援をお願いします。


◎競技結果
2007年1月24日 クロスカントリー フリー競技13.6km 立位(スタンディング)女子【競技結果】


◎太田渉子のコメント
ドイツ大会を終えて 4秒の頑張り

クロスカントリースキーワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.