1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中の深雪選手、心で聞く小林ガイドの声

[ ここから本文 ]

2007年1月21日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

深雪選手、心で聞く小林ガイドの声

2007年1月21日(日)  [荒井秀樹]

フィンランドからドイツへ転戦、井口深雪選手は金1、銀2と活躍しています。この活躍を支えているのは、ガイドを務める小樽水産高校体育教諭の小林卓司(たかし)先生。


[写真]声をかけながら走る小林先生

どうか、写真をみてください。
声を切らすことなく走ることが、どんなに大変なことかを。


そして、後ろで、声だけを頼りにトップスピードで滑走していく全盲選手の勇気あることか。


ここオーベルストドルフは、ほとんど雪がなくコースは数メートルの幅しかない。限界スピードで滑走する選手が、コースアウトしてしまう事が、どんなに危険なことか想像がつく。


海外の監督や選手からも賞賛されている小林卓司先生のガイドテクニックは、世界一である。


あえて、僕は言うけど、こうした選手の活躍の裏に、本当に沢山の方々の応援があるのだということ。


今日のレースで銀メダルの井口選手は「トリノの金メダルと同じぐらいうれしい」と語った。それは、小林先生との、ガイドとの絆を再確認できたからに違いない。


小林先生へはもちろんだが、
その活動を支えてくれている小樽水産高校の先生方や生徒の皆さんに、僕は心から感謝したい。


そして、日本の多くの皆さんのパラリンピックチームへのご声援、ご指導をぜひともお願いします。


監督記事の下にコメント欄を設けています。
選手やガイドへ、応援のメッセージも併せてお願いします。


(IPC障害者スキーワールドカップ第2戦ドイツ大会にて)

ワールドカップブラインド大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

福西旬子さん
初めまして、監督です。
今、北海道の旭岳で合宿中です。
小林卓司先生もチーフコーチとして参加しています。
小林先生は、この4月に先生の母校でもある倶知安高校に転任されました。引き続き、日立システムスキー部のコーチと全日本チームのチーフコーチをお願いしています。
小林先生にお伝えしますね!!

コメント

小林先生
学生のときにはお世話になりました。覚えておられないと思いますが心から応援しています。

コメント

清水様、若井様、そして山田様
メッセージ、ありがとうございます。遠く離れたドイツまで、日本から声援を送ってくださる皆様と、とても近い距離で選手を応援することができます。
投稿いただいた声がどんなに選手たちを励ましてくれているか、本当にありがとうございます。
ぜひ、叱咤激励も含めこれからもメッセージをお願いします。

コメント

おめでとうございます。
・・・ほとんど雪がなくコースは数メートルの幅しかない。限界スピードで滑走する選手が、コースアウトしてしまう事が、どんなに危険なことか想像がつく・・・→素晴らしい信頼関係だと思います。アスリートとそれを支える方々の努力が、実っての実績だと頭が下がります。   山田

コメント

おめでとうございます!
本当に素晴らしいという言葉以外見つかりません。
実際にボクが、吹雪や突然の落雪等で目の前が見えなくなったとき、恐怖と不安で立ち止まってしまうこともあります。常にその状態で走る選手の方々へ尊敬の意を表します。
そして小林先生は、後ろの選手を100%理解し、ベストを尽くせるように導くのは非常に難しいことではないかと思います。選手の命を預かるくらいの責任感があるのではないでしょうか。だからこそ、2人で勝ち取った勝利は、どんなものであれ最高の喜びを得られるんだと思います。
皆様に励まされ、ボクも精一杯頑張りたいと思います。
皆様のご活躍を心から祈り、応援しております。

コメント

深雪選手&小林卓司ガイドで勝取った準優勝、心からおめでとうございます。ブログに掲載されたコース写真を見て、驚きました・・・。この悪条件下、スピードを殺さずに進むって、どんな感じなのでしょう・・・。お二人の信頼関係がなければ、本当に至難の技だと思います。今後のお二人の活躍そして、その他の選手皆さんの活躍を日本から祈っています!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.