1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中のシットスキーに感じるパラリンピックの凄さ

[ ここから本文 ]

2007年1月23日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

シットスキーに感じるパラリンピックの凄さ

2007年1月23日(火)  [荒井秀樹]

ドイツで行われている障害者スキーワールドカップは、いよいよ後半戦に入った。


21日のレース、コース脇に、地元のこどもたちが応援に駆けつけてくれていた。クロカンのオーベルストドルフ・ジュニアスキークラブのこども達。そのこどもたちを驚かせたのは、世界のシットスキー選手たちの凄さだった。


僕は、このシットスキーこそ、全てのスポーツの中の、キングオブスポーツだと思っている。そんな彼らの滑りを見たとき、誰もが驚き、その凄さに言葉を失う。


[写真]シットスキーのレースを応援するこどもたち
(応援する子供たちの目は輝いていた)


障害のことを理解していれば、なおさらだ。
僕は、それでもスポーツに魅せられて世界を目指すシットスキー選手たちの努力が、どんなに大変かを知っている。


スポーツは、限界を感じさせない。誰にでも可能性はあるということを教えてくれている。


健常者でさえ、スキーを開脚して登る急坂を、彼らは腕だけの力で進む。それも、少しでもタイミングを間違えると、後ろへ逆戻り、下がり、転げ落ちてしまうのだ。


ここオーベルストドルフのコースは難所だ。何人もの選手が転げ落ちていった。そして何回もトライして、誰一人として、ギブアップするものはいない。


そう、いないのだ。


[写真]上り坂で転げ落ちる選手
(力尽きて落ちていく選手)


コーチたちの、


「こんな坂にまけるな!」


「さあ、登ってみろ!」


という檄が、
ワンポールごとに飛ぶ。


それにつられるかのように
こどもたちも、声をからして応援する。


こんな限界に挑戦する彼らを見たとき、
スポーツの持つ素晴らしさを感じさせてくれるし、パラリンピックの凄さを改めて教えてくれる。


それは、彼らの誇りがそこにあるからだろう。人間として、自信に満ちた大きな彼らがそこにいる。


オーベルストドルフも、あと2レースとなった。
シットスキーに声援を送ったこどもたちの瞳がとても輝いてみえた。


そして僕は、とても大切なことを教えてくれているパラリンピック選手たちに、
心から「ありがとう」と声援を送った。


[写真]シットスキーヤーに檄をとばすコーチたち
(コーチの檄が飛ぶ)

パラリンピックシットスキーワールドカップ大会日記こどもとスキー

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

日立オムロンターミナルソリューションズ
日立営業部/出荷計画統括部一同 様

垣外 様

日本から応援ありがとうございます。私達チームも日立グループの一員として”日立魂”を心に刻んで頑張っていきたいと思います。26日一旦帰国しました。日本で調整し、2月17日からワールドカップ・スウェーデン大会に出発します。引続き皆様のご声援よろしくお願いします。

コメント

荒井秀樹監督様、選手一同様

我々は、渡部顧問様が日立製作所旭工場にご勤務されている時代、ご指導頂いた部署で現在勤務しているものです。

皆様のワールドカップでの素晴らしいご活躍をブログで拝見させて頂き大変励みになっております。

今後も続く長いシーズンですが、お体にはご自愛頂き、是非頑張って下さい。
我々もブログを拝見させて頂きながら、日本より心を込めて応援していきます。

渡部様
「NANNOKI」での渡部様の記事を拝読致しました。
我々も大先輩に負けないよう公私に頑張りますので引続きご指導をお願い致します。

日立オムロンターミナルソリューションズ
垣外重好・日立営業部/出荷計画統括部一同

コメント

凄いです。
なんだか、涙が出ちゃいそうです。
これがスポーツなんですね。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.