1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中のドイツ大会を終えて 4秒の頑張り

[ ここから本文 ]

2007年1月25日(木) [太田渉子]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ドイツ大会を終えて 4秒の頑張り

2007年1月25日(木)  [太田渉子]

今回のドイツ大会は、選手2名、ガイド1名の小人数での参加で、ワックスコーチも莅戸先生が3人のスキー板を調整し、タイムを良くしてくれました。ありがとうございます。


雪不足で、前日に距離や種目スタイルが変更されることもあり、コースも良くありませんでしたが、2007シーズンの世界チャンピオンを決めるワールドカップポイントを稼ぐために全種目に出場しました。


最終日、急きょ、ロングに変更になった競技が終わり、ホットしています。


振り返ると、スプリントレースは、平坦なコースが多く、ダブルポールができない片腕障害クラスは不利だと思っていました。


でも、上位全員が片腕障害の選手で、4位の選手に4秒差の7位でした。


この4秒の頑張りができませんでした。


これは、ロングでもミドルでも言えたことでした。


世界と互角に戦うためには、身体がピッチをあわせられないのが課題だと思いました。


フインランドに戻り、一度リカバリートレーニングと休養で疲れをとり、スウェーデン大会に臨みたいです。


応援してくださった皆さん、ありがとうございました。ドイツ大会では、いい結果を出せませんでしたが、これからも応援をお願いします。


太田渉子


[写真]ワールドカップドイツ大会 太田渉子
(ワールドカップドイツ大会最終日 クロスカントリー フリー競技 13.6km) 

ワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.