1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中のワールドカップ スウェーデン大会 最終日

[ ここから本文 ]

2007年2月26日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップ スウェーデン大会 最終日

2007年2月26日(月)  [荒井秀樹]

障害者スキーワールドカップ 第4戦 
スウェーデン大会(最終日)
クロスカントリースキー競技フリー 男女5km シットスキー女子2.5km


新田佳浩、後半追い上げ7位。太田渉子も健闘し7位。
近藤さつき、カナダ大会へつながる滑りで、スウェーデン大会終わる。


日本の皆様からの温かいご声援ありがとうございます。
障害者スキーワールドカップ第4戦 スウェーデン大会は、井口深雪の金メダル2、太田渉子の銅メダル、新田佳浩、近藤さつきの健闘で世界の強豪ロシア・ウクライナに立ち向かう事ができました。また、選手たちの決意や反省からも、次へつながる大変貴重な教訓を得た大会でもありました。


[写真]新田選手
(新田 フリー競技5kmで7位。
3km地点で10位を、後半、順位をあげた。)


[写真]太田選手
(太田渉子 フリー競技5km 7位。

着実に成長をしているものの、世界の壁は厚い。
最終戦のカナダ大会へ期待がかかる。)


また、マスコミ各社の皆様からもご声援を頂き、各紙面に大会結果を掲載していただき本当にありがとうございました。
宿泊しているホテルの廊下に、寄せ書きの日の丸、日本から送られた応援メールを貼り出していました。選手たちがどれほど勇気づけられたことでしょうか。本当にありがとうございます。


[写真]廊下の応援メール
(廊下の応援メールを読む井口選手と久保田ガイド)


私達日本チームは、このあと3月3・4日、白馬でのジャパンパラリンピックに出場し、3月6日からワールドカップ最終戦カナダへ遠征します。


井口深雪、太田渉子は世界ランキング年間総合優勝をめざして、また、新田佳浩、近藤さつき、瀧上賢治(中京大)、平沢知緒理(日本福祉大)が、カナダ・バンクーバー大会へ臨みます。


日本の皆様のご声援、よろしくお願いします。

活動のお知らせワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

 皆様、ワールドカップ連戦おつかれさまです。井口選手引退と聞き旭川の富沢や札幌国際でのお姿を見れなくなるとは寂しい限りです。しかしアメリカから帰られたらまた復帰されるのではとまた楽しみにしていいんでしょうか?期待しております。

コメント

障害者スキーワールドカップ第4戦 スウェーデン大会で数々の素晴らしい成績を収められおめでとうございます。選手の皆様、監督初め関係者の皆様、ご苦労様です。
特に井口選手は金メダル2個と素晴らしい成績を残されました。井口選手は今シーズン限りで引退とのこと、長い間、ご苦労様でした。私達に勇気と希望を与えてくれてありがとう。最後のシーズンを世界ランキング年間総合優勝で飾ってください。
       山田邦光

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.