1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. バイアスロン
  4. の中のバイアスロンロング 井口深雪、太田渉子 金。今季バイアスロン総合優勝。【速報】

[ ここから本文 ]

2007年3月14日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

バイアスロンロング 井口深雪、太田渉子 金。今季バイアスロン総合優勝。【速報】

2007年3月14日(水)  [荒井秀樹]

2007年3月13日(日本14日)、IPCノルディックスキーワールドカップ最終戦 カナダ大会 第3日目、バイアスロンロングが行われ、井口深雪、太田渉子が金メダルを獲得、今季バイアスロン総合優勝を決めた。


ブラインド女子の井口深雪は、射撃20発中20発満射(全発的中)。今季バイアスロン競技の世界ランキング総合チャンピオンとして貫録勝ちした。ロシア、デンマークの選手が射撃をミスするなかで、完全な命中率を誇る井口深雪が走力でも負けていなかった。


5周目のゴール手前100メートルからは、小林ガイドと井口選手が万歳を繰り返しながらゴールした。井口選手の現役十数年間、今までゴール手前で万歳をしながらゴールしたことはなかった。カメラを構えていた僕は涙がでてきて、シャッターが切れなかった。ほんとうに感動的なゴールだった。このひとときを日本で応援してくれた多くの皆さんとともに分かち合いたいと思った。


[写真]井口選手小さな万歳

(小林ガイドの「監督がカメラかまえているから、万歳しろ!」の声に、小さく万歳する井口深雪選手、貫禄の金メダル!)


次にはじまったスタンディング女子の太田渉子は、引退する井口深雪の後を継ぐかのように、走力で素晴らしい滑りをみせてくれた。めずらしく1回目の射撃で2発をはずし、アメリカのケリーや日本の出来島に大きく遅れをとった。しかし、あわてることなく、3回目、4回目の射撃で確実に満射をさせ、他の選手に大逆転し、最終バイアスロンのレースで有終の美を飾った。


2007年の最後のバイアスロンレース、太田渉子のねばりと力強さを見せつけたレースだった。そして、今まで日本人には無理だと言われていたこのバイアスロン競技で見事今季バイアスロン総合優勝、チャンピオンの座を射止めた。


僕はこの勝利で太田渉子の頑張りも称賛するが、日本からたくさんの人たちの応援が彼女の背中を押してくれた。尾花沢市の市長さんはじめ山形県の皆さん、ほんとうにたくさんの人たちから応援をもらっている。僕はそれを思うと、感謝の気持ちでいっぱいだった。


[写真]太田選手

(アメリカのケリーに射撃ペナルティで200秒以上リードされ、苦しい展開!3回目、4回目の射撃で満射し、走力でも最終ラップに大逆転した太田渉子選手。)


明日残されたスプリントレース、全ての人たちに感謝の気持ちをこめて、チーム全力で闘うことを決意した。

活動のお知らせバイアスロンワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

深雪さんも渉子ちゃんも凄い!おめでとうございます。

深雪さん、この絶頂での引退というのは、ファンとしては残念にも思いますが、今後は金メダルの輝きに負けないお子さんを授かるよう祈っています。

渉子ちゃん、これから世界中の選手が渉子ちゃんを目標に挑んでくることと思いますが、しっかりと立ちはだかって、いつまでもチャンピオンでいて下さい。

コメント

井口選手、本当におめでとうございますと言いたいです。

トラックバックさせてもらいました。

コメント

深雪選手のゴール前のガッツポーズ、こちらまで同じポーズを取って声高らかに「おめでとうございます!」と叫びたい気持ちで一杯です。小林ガイドの心憎い心遣いが、さすがです!リーダービブの青が最高に似合います!そして、太田渉子選手も同様ですが、渉子選手はこのビブを長きに渡って維持出来る様、更にたくましくパラ界を引っ張っていって欲しいデス!今回の日本チームのメダルラッシュは選手の頑張りは勿論ですが、監督をはじめサポートスタッフの団結力、チームワークの賜物かと思います。選手一人一人、そして関係者の皆さん全ての方々に、「おめでとうございます。」を心から!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.