1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の井口深雪の勇気に乾杯!

[ ここから本文 ]

2007年3月20日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

井口深雪の勇気に乾杯!

2007年3月20日(火)  [荒井秀樹]

少しの間だけど、井口深雪にサヨナラを言う時がきた。
ご主人の井口さんについて僕はあまり知らないけど、アメリカで医学の勉強をしており、将来、活躍してくれるに違いないという。そんなとても凄い人なのだ。
その彼と、深雪は二人で家庭を築くことを決意した。アメリカのアイオワで。


僕らは、ワールドカップのカナダ大会の最終日、ささやかな宴を開いた。
深雪の世界ランキング優勝のクリスターカップを飾りながら、深雪の優勝と引退を祝った。


太田渉子ら女子チームは、そんな深雪のために替え歌を作ってくれた。
みんなに歌詞カードを配り、全員で歌った。
最初は、おかしく面白く、みんな笑って歌った・・・


[写真]全員で歌う


でも段々最後、終わりに近づくと、みんな泣いていた。
もう、深雪と一緒にスキーができないと思うと、
みんな悲しかった。


[写真]井口選手泣く


深雪は、そんな僕らの気持ちを知って、ずーと泣いていた。
涙もろい僕とちがい、あまり人前で泣かない深雪だったが、
今日は泣いていた。


そんな深雪をみて、僕は思った。


人間にとって、困難はいっぱいあるけど、
やっぱり、勇気がないとだめなのだ。


挑戦する気持ち、負けない気持ち、そして勝つんだという執念!
その勇気こそ、今の世の中、とても大切だと教えてもらった。


深雪の恩師、現在長野県、飯島中学校先生で、日本チームのスタッフでもある渡辺孝次先生の言葉を思い出す。
先生はどんな生徒にも話すそうだ。「あきらめるな!チャンスはある。どんな人でも、誰にも可能性はある」と。


そんな生き方を、深雪はしてきたのだろう。
だから、みんなに感動を与えるし、勇気をもらえるのだ。


僕は、表彰式の後、深雪に注文をした。
いままでもいっぱい言ってきたけど・・・


僕はいい写真を撮りたくて、
「その優勝トロフィーにキスをして」と、
最後の僕のわがままだった。


深雪は笑いながら恥ずかしそうにキスをしてくれた。


深雪の、本当に幸せそうな横顔をみせてくれた・・。


バイアスロン世界チャンピオンの井口深雪に、僕は心から「おめでとう」の言葉を贈った。


「深雪、よかったね!おめでとう!」


[写真]井口選手トロフィーにキス

監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

深雪さん、世界ランキング優勝、本当におめでとうございます。写真の笑顔が素敵です。監督のメールやブログで連戦の様子を伺い、陰ながら応援していました。ご来校いただいてからもう8ヶ月がたつのですね。優勝を報告すると、子供たちも大喜びでした。深雪さんには勇気と感動をいただきました。これからは、コーン畑が広がるアイオワで、時間を争わない生活を楽しんでください。次はどのような形でお会いできるか、楽しみにしています。お幸せに。

コメント

深雪さんの新たな旅立ちに、乾杯!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.