1. ホーム の中の
  2. 活動のお知らせ
  3. の中の早稲田大学で講演、スペシャルゲストに長田選手

[ ここから本文 ]

2007年12月 4日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

早稲田大学で講演、スペシャルゲストに長田選手

2007年12月 4日(火)  [荒井秀樹]

11月16日、早稲田大学での「トップスポーツビジネス論」の授業で、日立システムスキー部の取組みを、紹介させていただいた。


「日立システムスキー部の挑戦」という演題で、企業と障害者スポーツの新しい関係について語った。勝利と普及、更には市場のトリプルミッションから考察してみた。
僕の拙い講義より、長田の体験談は説得力があった。


[写真]大隈講堂をバックに、講演前なので緊張している長田選手

早稲田の学生400人も、長田の話を聞いてくれた。
普段なかなか聞けないパラリンピック選手の話だ。
長田は語った。
・21歳でのバイク事故
・2年以上の入院生活
・リハビリでの嫌がらせ
・車椅子生活を受け入れないでいた自分
・初めて社会復帰した日給300円の生活
・救ってくれた車椅子先輩とスポーツの喜び
・夢中になるシットスキー
・家族の応援・・・


静かに語る長田の体験を
人とスポーツの関係がこんなにも大切かと思わせてくれた。


そして、日本の障害者スポーツの現状やパラリンピック選手のおかれている環境を説明した。
将来、企業スポーツの一つとして、このパラリンピックはキーワードになると確信している。企業に車椅子バスケットチームやスレッジホッケーチームがあってもおかしくない社会に将来なるにちがいない。


僕は今、そんな想いから、この早稲田大学大学院のスポーツ科学研究科で学んでいる。
平田竹男先生のトップスポーツマネジメント研究社会人コースだ。一緒に学ぶ同期も各界で活躍している方や大変ユニークな方々ばかりでとても楽しい。


ブログで報告が遅れて申し訳なかったが、
少しの期間、そんな理由で、僕は充電をしていた。


いよいよシーズン到来だ。
充電期間、ためていた想いや
長田の話を聞いていて
僕は、またブログに熱く語りたいと思った。


シーズンイン関連記事
年賀状
旭岳合宿にて、初雪上トレーニング
シーズンイン!北海道へ フェリーのススメ

活動のお知らせ復帰への道障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

伊藤一志さん

尾花沢は暑いですか?
スイカの美味しい季節になりましたね。
今度ぜひ、長田弘幸選手の講演、機会があるといいですね。

コメント

自分も聞きたいなー。練習、講演など忙しい毎日だと思いますが、無理せず、休養もしっかりとってくださいね。

応援してます。スイカより

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.