1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ニュース
  4. の中の小林深雪と日立システムの挑戦「心眼で射止めた金メダル」

[ ここから本文 ]

2007年12月20日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

小林深雪と日立システムの挑戦「心眼で射止めた金メダル」

2007年12月20日(木)  [荒井秀樹]

12月20日に新潮社より、1冊の単行本が発行される。
我が小林深雪の金メダルまでの軌跡を描いたノンフィクションだ。
著者は、スポーツ雑誌ターザンなどで活躍されている宮崎恵理さん。
宮崎さんは、僕らの長野からを見守ってくれた人だ。


[写真]「心眼で射止めた金メダル」


深雪の半生を綴ったこの本は、僕らパラリンピックを目指してきた多くの方の半生でもあるような気がする。
小樽の小林先生や長野の渡辺先生らみんなと苦労をともにしてきた。
なにか報われたような気がする。


そして思うのだ。もうこんな凄い「パラリンピックの申し子」みたいな深雪は現れないだろうと思いつつ、第二、第三の深雪が育ってくれることを願っている。


日立システムスキー部の挑戦は、これが始まりなのだとも思う。
発刊するまでにスキー部顧問だった渡部さんや多くの方が大変なご努力で完成したことを、改めて深雪に代わって御礼を申し上げる。ありがとうございました。


アメリカに住む深雪から電話が、19日あった。
「日立システムのみなさんお元気ですか?」
僕は、「ああ、みんな元気だよ」と答えた。
結婚式以来の会話だった。
そして、深雪は、
「早く本みたいな~」
「すぐ送るから。」
と答えた。
そして、僕は、
「アメリカはどうだ、いつ日本に帰ってこれるんだ?」と聞いた。


僕は、思う。
日立システムスキー部やパラリンピックを応援してくださる全国の皆さんに、
ぜひ、この本を読んでほしいと願っている。
なにかうまく言えないけど、
深雪に、
「いい本ができたよ。」
深雪は、
「楽しみにしてます」

そうだ、今度みんなで出版祝いを開きたいと思った。
全国のみんなと、祝ってあげたい。

ニュースパラリンピック障害者スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

日立ソリューションズスキー部さま
著者の宮崎さま

そう、そうなんです。
本当に、すばらしい本が誕生されたと私も思います。

茨城県に住む24歳、職業はアルバイト。
大学時代に内定を得たものの、どうしてもやりたい仕事が脳裏から消えず、苦渋の決断で辞退し、希望の職場へと就く予定でした。

しかし、現実はあまくありませんでした。
やはり無理だという、あっさりとした、大変重い返答をいただき、奈落の底へ一直線に落ちていく感覚でした。

以後、さまざまな取り組みをした結果、現在のアルバイト職に就いています。

内容は主に幼児~小学生低学年への水泳指導です。
アルバイトを週5日程度の割合で努めながら、何とか生活を続ける傍ら、「自分がとことんやりたい仕事を見つけよう」と我流で動き続けました。

そんな中、元々スポーツ選手の自伝本が好きな私は、これまでと少し路線をずらした本を手に取りたいと探していたところ、昨年こちらの著書に出会いました。

読み進めていけばいくだけ、自らの中で新しい風がスーと吹き込んでくるような、大変新鮮味を感じると同時に、障害者スポーツをまったく存じていなかったことが、何だか恥ずかしいような、とにかく衝撃に近い刺激をたくさん受けました。

簡潔に話してしまっては、大変申し訳ない気持ちですが、企業スポーツとは・障害者スポーツとは・パラリンピックに挑む選手たちの環境面など、、。
大変厳しく、しかし、これほどまでに多くの出会いや支え、熱い想いの様々な結晶が合わさっている世界観は、とても私には考えられませんでした。

そして、きっと学生時代などにこちらの本を手に取っていたとしても、恐らく現在のようには受け入れられなかったと自身で感じます。
今の自らの状況・精神状態が、こちらの本と出合った時期が最適だったと強く思います。


「何か、この本から今後につながりそうなパワー・可能性を得たような気がする」と感じ、それからほかの障害者アスリートの本を次々に手に取りたくなり、夢中になりました。

そして、先日に障害者スポーツ指導者初級講習会に参加し、どんどん自らの中での未知な可能性が広がっていくような、そんなワクワク感を抱きました。

大学を卒業して約2年が経とうとしており、社会的に見ても時間がない状況です。
毎日が気持ち的に大変苦しく、運動や仕事をすることで何とか気持ちを保っています。

あと少しで、ソチオリンピックが始まりますね。
それくらいの時期が、私にとっても大変貴重な時期に差し掛かると何となく感じる一方で、日立ソリューションズスキー部を含む、すべての選手方が存分に力を出し切れることを、心より願っております。

最後に、宮崎さま。
こちらの本が、私の今後に関わる貴重なきっかけとなった存在であることを、感謝の想いとともにお伝えいたします。

本当にありがとうございました。


いつか、ご縁がありましたらどこかでお会いできたらな、と勝手ながら思います。


ブルーナイツ 拝

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.