1. ホーム の中の
  2. 活動のお知らせ
  3. の中のありがとう、千葉県立泉高校のみなさん

[ ここから本文 ]

2007年12月20日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ありがとう、千葉県立泉高校のみなさん

2007年12月20日(木)  [荒井秀樹]

12月の合宿を終わって、千葉県の泉高校へ。
~パラリンピックチームが高校生に伝えたいこと~
「私たちが大切にしていること」
のテーマで、全校生徒に僕と長田選手でお話をする機会を頂いた。


千葉駅から先生が迎えに来てくれた。
泉高校の先生は、事前に千葉駅に行って、
バリアフリーを調べてくれたり、
車椅子で乗り降りできる駐車スペースを確認してくれたり、改めて千葉駅の状況を調べてくださった。


車椅子で移動する方にとって、初めて訪れる駅のバリアフリーはとても気になるところだ。
先生ありがとうございました。


泉高校は、スポーツ用の車椅子を作っているOX社の近くで、千葉市の郊外にある。


[写真]泉高校の生徒さんと


僕は、パラリンピックのことを。
長田選手はバイク事故からのことを語ってくれた。


生徒たちも真剣に聞いてくれた。


講演が終わって、質問ありますか?との先生の声に、
一人の男子生徒が手を上げてくれた。
「車椅子贈るのに、リングプル集めている・・」
「ただ、それを伝えたかった・・」と。


僕も長田も、
「ありがとう」と答えた。


校長室から体育館までは階段があって、
男子生徒4人が長田選手を担いでくれた。
みんなも初めてのことだったけど、
長田選手と握手して、記念撮影を先生がしてくれた。
いい笑顔だし、全校生徒も拍手で応援してくれた。


長田は、
「2年後のバンクーバー、応援お願いします」
と力強く宣言した。
とても熱い拍手で応えてくれた。


元気な高校生たちに、
逆に元気をもらっているのかもしれない。


そんなことを感じた泉高校の講演会だった。


講演関連記事
早稲田大学で講演、スペシャルゲストに長田選手
僕たちが高校生に伝えたいこと
札幌市立光陽中学校での講演
全国生涯学習フェスティバル
フィンランドからのビデオレター

活動のお知らせパラリンピックシットスキー

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

荒井監督・長田選手、合宿の間の本当に貴重な時間を割いて、ご講演いただきありがとうございました。競技の仕組み、事故からパラリンピック出場に至るまでの気持ち・苦労・友人への感謝、会社によるバックアップやレベルアップのための強化策・・・など、世界に出て活躍されている方の話を身近で聞くことができ、とても興味深く、あっという間に時間が過ぎていきました。お二人の飾らない人柄もあり、会場にいるみんなの心に伝わったと思います。心から感謝いたします。
また、ブログはとても充実していて楽しいですね。小林深雪選手の本を早速注文させていただきました。
目指せバンクーバーパラリンピック!選手・監督・ガイド・スタッフ・会社・・・チームの皆さん全てを応援します。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.