1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のシッティングの長田選手、近藤選手も粘り強いレース展開

[ ここから本文 ]

2008年1月22日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

シッティングの長田選手、近藤選手も粘り強いレース展開

2008年1月22日(火)  [荒井秀樹]

男子シッティングの長田選手は今大会最高順位と健闘した。いつも同じLW10クラスのセルゲイ(ロシア)に勝つことを目標としているが、今レースでは4秒差をつけて彼に勝つことができた。最終日によいレースができたと思う。


女子・近藤選手は粘り強いレースを展開した。激しい雨と強風の中の難しいレースで、途中棄権した選手もいたが、最後まであきらめない走りを見せた。第2戦のフィンランド大会では順位を上げられるよう、さらなる奮起を期待している


《シッティング(座位)の部》
▼男子/クロスカントリー・15km 
長田弘幸 21位 58分39秒0
[優勝:ダリブロバ・イルク(ロシア)49分27秒8]
 

▼女子/クロスカントリー・10km
近藤さつき  6位(入賞)53分05秒2
[優勝:バルチェンコ・リウディミリア(ベラルーシ)37分52秒3]

シットスキーワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.