1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップノルウェー大会1日目 選手たちの活躍

[ ここから本文 ]

2008年2月29日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップノルウェー大会1日目 選手たちの活躍

2008年2月29日(金)  [荒井秀樹]

太田渉子が今季2勝目という結果を出してくれた。
冷静なレース運びで、パワーでも負けなかった。
フィンランドでの調整もうまくいき、大会に臨む姿勢についても自分の方法を確立してきている。明日のバイアスロンでも優勝狙って、全力を尽くしてほしい。


[写真]スタートする太田選手


男子5kmクラシカルで3位に入った新田佳浩は力強い走りを見せた。
メダル争いは4選手の接戦だったが、ライバルのクヤルタン・ハーゲン(ノルウェー)を振り切り3位でゴールした。
昨年夏の筋力トレーニングの成果がしっかり出ている。次はさらに順位を上げたい。
 

クロスカントリースキー用の義足を開発中での瀧上賢治は同種目で17位だった。
現段階の義足では、スキーで蹴ることができず、足は棒立ちの状態だ。両腕でポールを推進だけでスキーを滑らせている状態だ。
上位に食い込むためには、義足の改良に加えて、特に上半身の筋力アップが必要だ。

  
シッティングの部に出場した久保恒造はワールドカップ初参戦にも関わらず、13位に入った。車いすマラソン経験者で、心肺機能が高い。スキー技術を身につければ世界トップクラスを狙える。今後に期待したい。

クロスカントリースキーワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

渉子おめでとう。

バイアスロンは落ち着いて撃ってください。

もう結果が出ているかな。

コメント

みなさんお疲れ様です!!
しょうこちゃん優勝おめでとう!
新田君3位おめでとう!

選手・スタッフのみなさん残りのレースも頑張ってください!!

みなさんの活躍を楽しみにしています。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.