1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中の太田渉子、惜しくも4位。「切り替えて、明日がんばります」

[ ここから本文 ]

2008年2月 3日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

太田渉子、惜しくも4位。「切り替えて、明日がんばります」

2008年2月 3日(日)  [荒井秀樹]

今季初のバイアスロンで上位入賞を目指したが、
残念ながらメダル獲得にはならなかった。
昨年ワールドカップバイアスロン総合優勝の太田渉子は4位。
4周目まで5位だったが、最後の射撃は満射(全5発命中)とし、4位に順位を上げてゴールした。
今日は射撃が不調だった。3発外して命中率は85%。
いつもより約10%も低かった。


[写真]太田選手


今季初めてのバイアスロンで、やや空回りしてしまったかもしれない。
ただ本人は、最後の射撃で満射として逆転したことで
『明日につながった』と語っており、気落ちはしていない。いつもの渉子スマイルで寮に帰っていった。


[写真]太田選手


レースでは、20発中の射撃で、新田佳浩が70%、長田弘幸が70%、近藤さつきが70%の射撃命中率。
昨シーズンから比べるとかなり向上していると評価していいが、走力で厳しい戦いをしている日本にとっては、この射撃力が問われている。


長田は今季、ここまでクロスカントリーでは20位台だったが、今日は16位に食い込んだ。しかし、本人は命中率85%を目標にしている。さらに順位を上げていきたい。
日本のおやじたちがみんな、応援してくれている。


[写真]長田選手


ゴールした近藤さつきも、もう少し上位へ食い込めるかと思っていたが、厳しい結果だった。うっすらと悔し涙をみせる近藤さつき。
しかし、昨年まで命中率が20%~30%だった近藤さつきも、今日は70%と大きく成長した。
射撃の能力を生かすためには、トップとは5分以内差ぐらいまでに詰められる走力をつけることが必要だ。
課題が明確になってきたので、今後の強化が楽しみだ。


[写真]近藤選手


今日は日本が出場していない視覚障害の部も含めて、
全メダル18個のうち、ロシアが7個、ウクライナが6個を獲得した。
2カ国の強さは群を抜いており、とくに昨年に比べて射撃の技術力も高くなっている。


このような現状を見ると、海外勢との走力の差を射撃でカバーしている日本選手にとって、90%以上の命中率をたたき出さなければ、上位進出が厳しいことを痛感させられた。


明日はフィンランド大会最終日。
パシュートが行われる。
納得のいくレースになるよう、全力を尽くしたい。


皆さんのご声援お願いします。


バイアスロン競技方法

バイアスロンとは、ギリシャ語で2を意味する、「バイ」と「アスロン」(競技)を合わせた言葉です。クロスカントリースキーのなかに、射撃を組み入れてレースを行います。
1周ごとに射撃(5発)を4回、全20発の射撃を行い、1発外すとペナルティーとして、+1分加算されるルールです。
エアライフルを使用し、10m先に設置された1.5cmの的に4.4mmの弾を命中させます。


[写真]射撃の的

メタルターゲット1.5cmの的を狙う。
命中すると、白い蓋が反転し命中したことが分かる。
10m離れた射座から、選手は伏せて撃つ。
風の影響も受けやすく難しい。

バイアスロンワールドカップ大会日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.