1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中の新田佳浩と太田渉子がそろって優勝

[ ここから本文 ]

2008年3月24日(月) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩と太田渉子がそろって優勝

2008年3月24日(月)  [日立ソリューションズスキー部]

3月23日(日)、ウィスラー・オリンピックパーク(カナダ)で開かれた全カナダ・クロスカントリースキー選手権大会(主催/カナダ・スキー連盟)が最終日を迎え、障害者部門 男子スタンディングの部 15kmクラシカルで、新田佳浩が、女子スタンディングの部7.5kmクラシカルで太田渉子がそろって優勝いたしました。


新田は18日の5kmクラシカル、19日の7.5kmフリー、21日のスプリントフリーに続き、行われた全4レースすべてでの優勝です。

太田は18日の5kmクラシカル、19日の5kmフリーでは3位に、21日のスプリントでは2位に入りました。


今大会は、2010年バンクーバー・オリンピック/パラリンピック使用コース完成後、クロスカントリースキーでは初めての大規模大会で、国際オープン大会として開催されています。
日本のナショナルチームとしては初めてのコース滑走となりました。


■日本選手の成績
[全カナダ・クロスカントリースキー選手権大会2008]
▼ 男子スタンディング(立位)の部/15kmクラシカル
新田佳浩 優勝 55分18秒9

▼女子スタンディング(立位)の部 /7,5kmクラシカル
太田渉子 優勝 32分37秒0 

活動のお知らせクロスカントリースキーパラリンピック

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.