1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のパラリンピックに向けて 新田佳浩の決意

[ ここから本文 ]

2008年4月11日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

パラリンピックに向けて 新田佳浩の決意

2008年4月11日(金)  [荒井秀樹]

3月の終わり、新田佳浩と太田渉子で2010バンクーバーパラリンピックコースを試走してきた。
アップダウンがきつく、下る斜面も休ましてはくれない。
シットスキーのコースも、オリンピックコースとほぼ一緒で、急な斜面を登れるかどうかのパワーの差が、そのまま勝敗につながるだろう。


雪質は湿って重く、スキーを滑らしてくれない日もあった。
スキー板のストラクチャーが勝負だろう。
太田渉子も、ゴール100m手前で、めずらしく転倒するシーンもあった。
この難コースは、容赦なく選手へボディブローを撃ち続けてくるようだ。


[写真]バンクーバーコースを走る新田佳浩


トリノパラリンピックでは、平坦なコースが多かった。


新田や太田の立位障害の部(スタンディングクラス)は、腕の障害、脚の障害の選手が一緒に競い合う。
平坦なコースが多いと、脚の障害選手より、腕の障害選手は不利と言われている。
なぜかというと、両手を使って押し切る走法(段滑走:ダブルポール)が多く使われる平坦なコースでは、 片腕と両腕では、パワーがまるで違うからだ。


でも、新田は言う。
「だからこそ、勝つ喜びがある」


難コースを見て、「きついな~」と思うのではなく、
「俺に向いているコース」とプラス思考で考えられること。
このことは、とても重要だ。


そんな新田を見ていると、思い出すことがある。
パラリンピックの創設者 グッドマン博士が残した
「失われたものを数えるな、残っているものを最大限に生かせ」の言葉だ。


[写真]腕立て伏せする新田佳浩


宿舎での空いている時間も、筋トレをする新田は、片腕でも上手に腕立て伏せをし、切断された左手をも鍛えている。


誰にも負けない筋力をつけようと。
そう、「ネバーギブアップ」だ。


関連記事
バンクーバーパラリンピックを想定して
バンクーバーへ向けての決意
新田佳浩、強さの秘密
クロスカントリースキーとは?

パラリンピック監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.