1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. スポーツ
  4. の中の北京オリンピックでの水中戦!?

[ ここから本文 ]

2008年4月15日(火) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

北京オリンピックでの水中戦!?

2008年4月15日(火)  [新田佳浩]

今年はオリンピックイヤーということで、テレビや新聞など、目に触れる機会が増えてきました。
多くの競技が行われますが、私が注目しているのが、4年に1度の戦いの場で、選手も戦っていますが、各スポーツメーカーから出されている『水着』です。


少し前までは、サメの皮膚構造を参考にした、サメ肌水着が有名だったと思いますが、05年に水着に突起物を施す表面加工を禁止され、新たな素材の水着を各メーカーで研究していたと思います。


オリンピックイヤーで、新製品の発表をしていますが、今年になって多くの世界記録が更新されたのは、新たな素材の開発による影響が大きいと思います。


選手に注目するだけでなく、素材や道具の開発に注目するのも見る目線が変わって面白いかもしれません。


2010年のパラリンピックバンクーバー大会で、どのような素材が発表されるか楽しみです。


▼ 関連記事
オリンピック、パラリンピックに出場する選手やチームの立場の変化
パラリンピックと道具の問題
スキー用具の規制について

パラリンピックスポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

よーさん

コメントありがとうございます。

私はスキーという道具は、自分の手や足と同じだと考えています。だからしっかりケアをしてあげないとダメだと思います。

またレースでは、自分の体調、テクニック、ストラクチャー、ワックスなど様々な要因で勝敗が決まりますが、スキーの良し悪しで結果が変わるため、本当に大切なものだと思います。

参考にしていただければ幸いです。

コメント

 私は今、障がい者のスキーについて調べています。
 その中でもスキー競技で使用する道具に視点を置いて調べています。

 そこで質問があるのります。
スキー競技で使われている道具は自分にとって何だと思いますか?

 参考にしたいと思っているので教えていただけませんか?

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.