1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のオリンピック、パラリンピックに出場する選手やチームの立場の変化

[ ここから本文 ]

2008年4月16日(水) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

オリンピック、パラリンピックに出場する選手やチームの立場の変化

2008年4月16日(水)  [新田佳浩]

前回は、『素材』ということに関して、話をしました が、今回は『選手やチームの立場の変化』について、話をしたいと思います。


オリンピックに出て金メダルを獲得したいと思うことは、スポーツをやっている人にとって最終目標だと思います。
出場できる選手は一握りであり、その中で自分の力を発揮するのは本当に難しいことです。
特に4年に1度という時間は、選手やチームの立場や情勢を変えてしまうものでもあります。
それはパラリンピックでも同じことです。


私は、17歳のとき初めて「長野パラリンピック」に出場しました。そのときは、チームの中でも年下でパラリンピックに出場したことが喜びでした。


そこから10年以上経って、引退した選手、そして新たな入ってきた選手などがあり、チームを引っ張る立場に変わってきました。


[写真]フィンランドでの一幕


また世界の情勢も、長野パラリンピックではドイツ、ノルウェーが強かったのですが、今はロシア、ウクライナの台頭が目立っています。
2010年のバンクーバーパラリンピックでは開催国カナダが強化を進めているので、また情勢が変わってくるでしょう。


そのようなこともこのブログを通じて感じてもらえればと思います。

パラリンピックスポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.