「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. トレーニング
  4. の中の新田流ダイエットへの基礎知識

[ ここから本文 ]

2008年6月17日(火) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田流ダイエットへの基礎知識

2008年6月17日(火)  [新田佳浩]

今回は皆さんが気になっている体のこと、健康的にダイエットする方法について少し紹介したいと思います。


1.健康的に痩せるためには

健康的なダイエットを行うにはバランスの良い食事と適度な運動が必要です。ダイエットのために食事を制限すると、一時的に体重は減りますが、基礎代謝が落ちてもとの体重に戻ってしまいます。
これがいわゆるリバウンドというものです。


2.基礎代謝とは

基礎代謝とは生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことです。
血液循環や呼吸、体温調整、筋肉の維持などで、眠っている間もエネルギーが消費されています。1日に消費される総エネルギー量の60~70%を基礎代謝が占めると言われています。


肌の露出のある夏に向けてダイエットをする方が多いと思いますが、実は寒い季節に基礎代謝があがることをご存知でしょうか?
これは寒さから身を守るために、血液循環や体温調節でエネルギーを消費するからといわれています。


3.基礎代謝量の性別、年代別の関係

基礎代謝量は年齢と性別によって大きく違います。
男女とも基礎代謝は10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下してきます。


20歳前の成長期で男性約1500kcal/日、女性約1200kcal/日のピークを迎えた後、徐々に減っていきます。
40歳前後で男性約1450kcal/日、女性約1150kcal/日に一気に下降してしまいます。
50歳前後では男性約約1400kcal/日、女性約1100kcal/日にまで下がっていきます。
その結果、年をとっても若い頃と同じような食事量をとっていると、急に太ってしまうことになり、中年以降は太りやすい体に変わっていくと言われています。


4.基礎代謝の減少を防ぐには?

では、基礎代謝を上げるためにはどうしたら良いのでしょうか?基礎代謝の中で一番消費量が多いのは筋肉と言われています。
筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げ太りにくい体を作りましょう。


5.日常生活の姿勢を見直そう!!

デスクワークをしてなかなか運動する機会や時間が少ない場合は、日常の生活でできることから始めてみましょう。


まずは通勤時やマンションなどは積極的に歩くことを心がけましょう。
歩くことで下半身の筋力強化になり、基礎代謝の向上になります。そのときにやや大股歩きを意識すると良いでしょう。階段では1段飛ばしで上がるとより効果的になります。


PCの前でのゆがんだ姿勢は背中やおなかの筋肉が使われてないだけでなく、骨や筋肉に負担をかけています。正しい姿勢で基礎代謝の向上を目指しましょう
正しい姿勢とは、頭の先から紐を引っ張られているような意識で、そのまま深呼吸をして胸にいっぱい空気を吸ったまま、肩から力を抜き、すとんと落とした姿勢です。


そして食事は1日3食をバランスよく取ることに心がけましょう。ゆっくりとしっかり噛むことで、脳内の満腹中枢が働くため、今までより食事の量も減らすことができます。



今後はエクササイズも紹介していきたいと思います。

エクササイズトレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

痩せる方法は、男性と女性では異なるのでしょうか?実際のエクササイズ紹介の時には、初心者用と上級者用があると、便利なので、新田さんお願いします!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.