1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中の金メダルを夢見て

[ ここから本文 ]

2008年8月12日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

金メダルを夢見て

2008年8月12日(火)  [荒井秀樹]

ここ、冬のニュージーランド。
昨日はマイナス14℃。
そして今日は雪だった。


インターネットをつなぐと、北京オリンピックで、
北島康介選手の金メダルのニュースが飛び込んできた。


「すごい!」
久保や新田も、
「次は俺たちだ」と決意を新たにしたに違いない。
2010のバンクーバーパラリンピックだが、もうそこまで来ている。


カナダチームも、熱の入ったトレーニングをしている。
雪の中、久保は2時間の持久走と、
登りのインターバルのメニューを消化し、
ぎりぎりまで追い込んでいく。


[写真]練習ゴールし、天を仰ぐ久保選手


久保の特徴は、
辛くなればなるほど、
力を出すタイプで、
長距離選手の特有の能力を持っている。


そんな新人久保に、
神津選手(ブルボンスキー部)がアドバイス。
シットスキー選手は腕の使い方が命だ。


[写真]久保選手に指導する神津選手


中央大学スキー部の鉢蝋(はちろう)選手が、
久保の肩甲骨のストレッチをサポートしている。
インカレ個人準優勝、リレー優勝メンバーの鉢蝋(はちろう)選手は、
今回、スタッフとして参加し、選手の輸送や食事、洗濯、ワックス、テクニックアドバイスと、
献身的に動いてくれている。
さすが、中大だ。
「はちろう君、ありがとう!」


[写真]久保選手のストレッチをサポートする鉢蝋選手

[写真]シットスキーを乗り換える久保選手と、サポートする鉢蝋選手


ここスノーファームには、
秋田県連をはじめ、ブルボン、同和鉱業、秋田ゼロックス、自衛隊冬戦教(とうせんきょう)などの実業団チームと専修大学女子部の選手たちがトレーニングに来ており、にぎわっている。


[写真]ホテルの日本食


食事も日本食のメニューですごしやすい。
時差も少なく、夏季合宿でのスキートレーニングには最適!


多分、日本では北京オリンピックで盛り上がっているに違いない。
でも、僕らもバンクーバーをみんなで夢みて、トレーニングに励んでいる。
全員が、心が一つになっている。


冬のニュージーランド、熱く燃えている。


[写真]新田選手と久保選手



最近のニュージーランド合宿記事
ニュージーランドの練習
大自然の雄大さ
我が師匠と共に
久保恒造選手、ニュージーランド・ワナカへ
ニュージーランド合宿に行ってきます。

パラリンピック合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.