1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のニュージーランドのクロスカントリースキー事情

[ ここから本文 ]

2008年8月28日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ニュージーランドのクロスカントリースキー事情

2008年8月28日(木)  [荒井秀樹]

1997年の夏に初めてニュージーランドのワナカ、スノーファームを訪れた。
それは、98年の長野パラリンピック代表選手の強化合宿だった。
それから、パラリンピック強化合宿として、
毎年、ニュージーランドを訪れている。


南島のクィーンズタウンから車で1時間のところにスノーファームがある。
ここには、自動車メーカーの新車やスタッドレスタイヤの走行テストコースがあり、その収益で運営されている。
ホテル、レストラン、ジム、全てが揃うレンタルショップ、クロカンスキー学校などがある。
ニュージーランドには、ワールドカップに出場するような世界のトップ選手は現在いない。クロスカントリースキーコースもここだけだろう。


しかし、僕は、いつも思うことがある。


ここではスポーツに対する考え方、
クロスカントリースキーをいかに楽しむかと言うことが、
日本とニュージーランドでは、まるで違うのだ。


日本では、小学生からクロスカントリースキーが普及しているが、
「競技」がメインの取り組みだ。
「自然と遊ぶ」「ゲームとして」クロスカントリースキーを楽しむことは、あまり聞かない。


[写真]クロスカントリーを楽しむ子供たち


でも、ここスノーファームでのクロスカントリースキーは、楽しむものであって、速さを競うだけのものではないのだ。


もし日本にも、
このようなプログラムを持ったスキー場があったら、
もっとクロスカントリースキーが子供たちから高齢の方まで、冬山を安全で楽しく汗をかくことが出来るだろう。


午後の練習から選手たちの帰りを待っていたら、
ご夫婦がスキーで歩いてこられた。
なんと20kmコースを歩いてきたそうだ。


大自然が大好きなニュージーランド人なのだ。


[写真]クロスカントリーをするお二人



ワナカの話題
ニュージーランドの道端の景色
ワナカに来て10年目で初めての発見!!


ニュージーランドでの合宿生活
謎の「キィ プリーズ!」
男の料理
大自然の雄大さ

クロスカントリースキー監督日記スポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.