1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のパラリンピック界のスナイパー

[ ここから本文 ]

2008年9月18日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

パラリンピック界のスナイパー

2008年9月18日(木)  [荒井秀樹]

冬のパラリンピック競技には、アルペン、ホッケー、カーリング以外に、クロスカントリースキー競技とバイアスロン競技がある。


このバイアスロン競技は、ヨーロッパで大変な人気のあるスポーツで、大会となると沢山の観客が押し寄せるそうだ。
日本では、あまりなじみのない競技だが、トリノパラリンピックで井口深雪(旧姓小林)が金メダル、太田渉子が銅メダルの活躍で一躍有名になった。


ここ太田渉子の留学先ボッカティには、ローラースキーコースと併設されたバイアスロン射撃場がある。


[写真]渉子の射撃練習、素晴らしい環境のボッカティ

ここでは、ジュニアの育成も進んでおり高校生も沢山トレーニングしている。
ライフルもシニアが使用する銃を使い、厳しいコーチの声が飛んでいた。
日本のバイアスロン環境とは雲泥の差があり、ジュニア強化の対策が急務だ。


[写真]バイアスロン射撃練習する高校生

渉子も、そんな彼らに混じって練習をする。
パラリンピックで使用する銃は、4.5mmの鉛弾のエアーライフル。


今年から新しく渉子の専属バイアスロンコーチになったビィレ氏。
ビィレ氏は、フィンランドのジュニアナショナルチームのコーチもしており、多忙を極めるが渉子の指導を年間を通してお願いすることができた。


[写真]渉子のバイアスロンコーチ・ビィレ氏

[写真]渉子のためにコーチが作ってくれた射撃の的

今シーズンから本格的に取り組む久保は、
銃の基本的な構えやスリングをフィンランドナショナルチームの射撃コーチに見てもらうことができた。
通訳は、渉子がしてくれた。
フィンランド語と英語を交えながら、
親切に教えていただいて、とても感謝している。


[写真]フィンランドナショナルチームの射撃コーチに教わる

[写真]射撃練習する久保選手

現在の久保は、負荷をかけない射撃練習で、80%の命中率まできている。
これから90%以上を目標にトレーニングするが、
今後、ローラースキーコースをピッケで走り、負荷をかけ、心拍数の高い状態での射撃練習へ移行して行く計画で、根気よく身体で覚えていく地道な訓練が求められている。


パラリンピック界のスナイパーをめざして・・・


▼ バイアスロン 関連記事
バイアスロンの次世代へ、阿部友里香の射撃トレーニング
網走に日本初のパラリンピックバイアスロン射撃場が
バイアスロンのトレーニング[関連記事まとめ]
トレーニングの成果を感じ、充実した網走合宿


▼ ボッカティ 関連記事
太田渉子選手が地元メディアで紹介されました
大人の練習
3回目の夏を迎えた 太田渉子のフィンランド留学


▼ 関連特集
[イラスト]荒井秀樹監督荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

バイアスロンパラリンピック合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.