• みんなのいいねで選手を応援しよう
  • 応援メッセージ&プレゼントキャンペーン
  • 応援メッセージご紹介

 

  1. ホーム の中の
  2. 特集 アスリートNITTAの健康ダイエット講座
  3. の中の【第2回】ポッコリお腹を引き締める!

[ ここから本文 ]

2008年10月24日(金) [特集 健康ダイエット講座]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
2008年10月24日(金)  [特集 健康ダイエット講座]

特集 アスリートNITTAの健康ダイエット講座 部分的に引き締める、1分間エクササイズ

【第2回】 ポッコリお腹を引き締める!
アスリートNITTAの健康ダイエット講座 部分的に引き締める、1分間エクササイズ イラスト

ウエスト(おへその位置の胴まわり)が男性 85cm以上・女性 90cm以上で、メタボリックシンドローム予備軍と規定されています。皆さんは大丈夫ですか?お腹引き締めを中心としたエクササイズで、ウエストを引き締めて、ポッコリお腹を解消しましょう!!

(エクササイズに入る前に「代謝」を高めるためのストレッチを行うと脂肪が燃焼しやすくなります。)

1ズンドウ型のお腹をすっきりと引き締めるリフト運動
[写真]上体を起こす

横向きに床に寝て、両脚をそろえてまっすぐに伸ばします。両手を床について身体を支え、上体を起こしましょう。

[写真]腰部を浮かせる

床側のひじを床について身体を支え、同じ方の腕で床を押すようにして腰部を上に浮かせます。はじめはきついかもしれませんが、がんばってください!

3回程度から、慣れてきたら少しづつ回数を増やしてみましょう。

逆も身体の向きを変え同様に行います。

(左右を各3回~15回。自分の無理ない回数で)

2 ウエストをしっかりひねってくびれをつくる運動
[写真]あお向け

あお向けに寝転がり、ひざを軽く曲げて上に伸ばします。このとき、つま先はそろえ、両ひざをつけておきましょう。

上体と両腕は床につけたままの状態で、両脚を左側に移動させます。顔を動かさず、息を吐きながら行いましょう。

[写真]両脚を倒すPoint

ウエストを意識しながら、両ひざが床につくギリギリまで両脚を倒してください。床に近づくにつれて苦しくなってきますが、ここががんばりどころです。

右側も同様に、ウエストをしっかりと意識しながらひねりましょう。両肩が上がらないようにしっかり腕をつけること。

(左右で1回として、3回~15回)

3 上腹部に意識を集中し、息を吐きながら上体を持ち上げる
[写真]ひざ90度曲げる

あお向けになり、ひざが90度になるように曲げて上げます。椅子などを利用して足をのせましょう。両手は側頭部にあてて天井を見ます。

[写真]上体を起こす

おヘソをのぞき込むように、みぞおちに力を入れて息を少しずつ吐き出しながら、上体を起こします。 5回程度から、慣れてきたら回数を増やして。

(5回~20回)

4 すっきりウエスト
[写真]胸の前で手を交差

姿勢を正して両足を肩幅に開いて立ち、胸の前で肘を張った状態で手を交差して、ゆっくりと息を吸う。

[写真]体をねじる

ゆっくりと息を吐きながら、体を右にねじって5秒キープ(呼吸はふつうにする)。両手が交差する点が、常に胸の中心にくるようにし、地面と平行に動かす。軸(背骨)はまっすぐキープします。

ゆっくりと息を吸いながら正面の基本姿勢に戻ったら、ゆっくりと息を吐きながら、今度は左に体をねじって5秒キープします。

(左右で1回として、3回~10回)

Next 次回予告

ウエストへの効き目はいかがでしたか?ポッコリお腹を引き締める!エクササイズで、メタボ対策してください。

次回は、お尻と太ももを引き締めるエクササイズを紹介します。

特集 アスリートNITTAの健康ダイエット講座

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.