1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中の練習後のやり遂げた笑顔は最高

[ ここから本文 ]

2008年10月 7日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

練習後のやり遂げた笑顔は最高

2008年10月 7日(火)  [荒井秀樹]

標高2700mのコースは、雪質も良くいいスキートレーニングができる。
今週末の天気予報があまり良くない。
コースは、常時、圧雪車ピステがまわり最高のコースを提供してくれる。


[写真]太田選手

[写真]圧雪車


午後は、バイアスロン射撃場で軽負荷をかけて射撃トレーニングを行った。
新田選手の射撃姿勢も良くなってきた。
ラムサウでは各国のバイアスロンナショナルチームの選手が練習をしており、練習する選手たちのフォームを見ながらの練習、とても参考になる。


[写真]射撃場
(ラムサウ射撃場)


[写真]新田選手
(新田射撃姿勢)


今回は、トレーニングの後半、初弾撃ちの練習を行った。
ランニングから射座への入り方、構え、撃発までの一連の動作を繰り返し行った。
軽負荷での初弾までの射撃タイムは、新田選手で平均15秒、太田選手は平均18秒だった。
弾の固まりは、太田選手の方がよく90%以上であった。


[写真]新田選手
(ランニング負荷の新田)


[写真]太田選手
(固まりが抜群の太田)


今年の課題の一つは、射撃タイムで、初弾までのタイム短縮だ。
もう命中率だけでは勝負できなくなってきており、満射(100%命中率)が当たり前の時代が到来している。
世界と戦うには、沢山の課題があって、もっと厳しい練習が必要だ。
朝の8時から出発、夕方の6時までの練習。


[写真]新田選手と太田選手
(引き揚げる二人)


その練習の帰り道のこと。
射撃の緊張感から解放され、
ほっとした瞬間に、やり遂げた笑顔があると、
なにか疲れも忘れさせてくれる。
そんな一日だった。



ラムサウ合宿関連記事
ラムサウ合宿
ヨーロッパ遠征(オーストリア編)
オーストリア・ラムサウ合宿始まる

バイアスロン合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
二人とも良い笑顔です。
それだけ充実したトレーニングができてる??ってことですね。日本から応援してま~す。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.