1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中のカナダ、アメリカチームとタイムレース

[ ここから本文 ]

2008年10月22日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

カナダ、アメリカチームとタイムレース

2008年10月22日(水)  [荒井秀樹]

ボッカティでトレーニングキャンプしているカナダ、アメリカチームとタイムレースを行った。
スキートンネル2.5kmコースを2周する5kmクラシカルレースで行った。


特にバンクーバーパラリンピックを目指すカナダチームは、地元開催でもあり気合いが入っている!
カナダから新人も参加していると、監督のキャスパーが教えてくれた。
カナダ政府からのパラリンピックカナダノルディックスキーチームへの年間強化助成金は、
今年度80万カナダドル(日本円で約7千万円)。
日本の環境とケタ違いで、驚いた。


16日の午前中、いよいよタイムレース。
やっぱり緊張感があっていい。
ボッカティスポーツセンターから借りたビブ(ゼッケン)で選手はスタートした。


[写真]長田選手(激走する長田選手)


結果は、
太田選手が5km17分33秒。
カナダの新人ジョビィ選手に1分近い差をつけた。
新田選手も5kmを14分20秒で、カナダの18歳、マーク選手に20秒差で勝った。
久保選手は、アメリカのクリス選手に30秒の差をつけられてゴール、5km16分29秒だった。
長田選手は、19分06秒だった。


今回は、全日本合宿でもあり、視覚障害者の鹿沼由理恵選手(リクルート)が合宿に参加している。
ガイドは、尾花沢スポーツ少年団のコーチで、太田選手のコーチだった伊藤コーチだ。
5kmを20分17秒でゴールし、カナダチームのコーチたちを驚かせた。
スキートレーニングを増やしていけばとても面白い存在だ。
バンクーバーパラリンピックでは、女子リレーの出場を実現したい。


[写真]鹿沼選手と伊藤ガイド(鹿沼選手と伊藤ガイド、スキートンネルの前で)


ボッカティでは、スキートンネルから外のコースにも出られ、選手たちのトレーニングにも力が入る。
いよいよシーズン目前だ。


ここフィンランド・ボッカティ。
来年1月に行われる、IPC障害者スキー世界選手権大会の開催地でもあるのだ。


[写真]外に雪を盛られ作られたスキーコース(毎年10月10日にスキーコースがオープンするボッカティ)



合宿関連記事
合宿先での日課
バリアフリーとトレーニング
もうすぐ僕たちの舞台”冬”がやってくる
フィンランド合宿 雪山のその後
フィンランドでサウナ

フィンランド合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.