1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中の選手をささえるバイアスロンコーチ

[ ここから本文 ]

2008年12月 9日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

選手をささえるバイアスロンコーチ

2008年12月 9日(火)  [荒井秀樹]

厳寒が続くフィンランド、バイアスロン合宿が始まった。
まだお昼前の11時だというのに、外はもう暗い
そんはダーク色の中で、長田、久保がバイアスロントレーニングに汗を流している。


[写真]バイアスロントレーニング中の長田選手と久保選手
(命中ごとに「よし」の声)


ここに留学している渉子は、フィンランドの国内大会に出場するために、北へ200km、朝7時に出発した。
10kmのフリー種目のレースだ。
新田は、一日遅れの今日到着する。
ここには、ロシア、ウクライナチームが1か月以上も前からバイアスロン合宿に入っていて、
デフリンピックのウクライナチームも選手10名、合宿に来ているから驚いた。
期間も3週間だという。


[写真]ロシアチーム(バイアスロントレーニングするロシアチーム)


ロシアチームは、監督イリナがここまで強くしてきた。
彼女をを中心に、とても強固にまとまっていて、
その結束の強さは世界でもナンバー1だろう。
新人も毎年増えているし、選手への教育もしっかりしている。
日本チームの佐藤圭一選手の友達でライバルのアレク選手は、いつも明るく、イリナ監督の作業を手伝っていた。


そんなアレクも、日本選手のことが気になるらしく、「圭一は?」と聞いてきた。
世界選手権、ワールドカップで戦うのが楽しみだ。


[写真]アレク選手(ロシアのアレク選手、いつも笑顔が帰ってくる)


僕たちも、そんなロシアやウクライナチームに負けまいと、スキーで追込み、
射撃トレーニングに取り組んでいる。
課題は、心拍数と呼吸調整の関係、
初弾までの所要タイム短縮と命中率アップ。
阿部コーチが、一つ一つ丁寧に指示していく。


[写真]久保選手と長田選手(シットスキーで追込み射場へむかう)


[写真]阿部コーチ(選手に銃を渡す阿部コーチ)


[写真]阿部コーチ(弾痕を確認する阿部コーチ)


選手たちは、10m離れた1.5cmの標的を狙い、
ヒットすれば「よし!」
少しでも外したら、
その方向、「11時!」
「カット、6時!」と
弾痕を知らせる阿部コーチの声。


選手たちは、それを聞きながら修正をしていく。
1時間、2時間とトレーニングが続く。
選手たちは汗をかき、心臓の音が白い息となって聞こえてくる。
コーチは、射座に立ち、辛抱強く、選手を迎え入れる。
身体が凍っていくのがよく分かる。


阿部コーチは、北海道美幌出身。
自衛隊冬戦教から10年前に介護の仕事についてきた。
心優しい元五輪代表選手だ。


久保選手も、偶然にも、同じ美幌出身
「阿部さんが射座にいてくれると、落ち着いて撃てるんですよね・・」と、
阿部コーチをくすぐるような、ねぎらう感謝の言葉を言ってくれた。
もちろん、久保選手の射撃の腕も上手くなっている・・・。


[写真]弾が的中し真ん中に穴のあいた的(久保選手の弾痕、的中する。)


フィンランド合宿関連記事
午後の練習、外は真っ暗。そして渉子に思う
フィンランド合宿が始りました

バイアスロンフィンランド合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

久保選手、阿部コーチさすが同じ美幌の空気と水で育っただけありますね。この調子で今シーズン乗り切ってしまえ!!

コメント

合宿お疲れ様です。
ウクライナデフチームも3週間の日程で来ているとはキーも驚きでした。
ジャパンデフチームも負けじと頑張らなきゃと気を引き締めてます。
日本もウクライナのような体制があれば良いですね。
とにかく合宿頑張ってください。

コメント

お疲れ様です。
やってますねぇ~僕も雪上での射撃練習がしたくてウズウズしてきました。
ロシアチームも来てるんですね。ヨロシクお伝えください。
国内ですが私も世界選手権、W-Cupに向けてこれから、バッチリ調整していきます。今シーズンも宜しくお願いします。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.