1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中のさおだけ屋は なぜ潰れないか?

[ ここから本文 ]

2008年12月25日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

さおだけ屋は なぜ潰れないか?

2008年12月25日(木)  [荒井秀樹]

合宿期間中の久保選手。
配属は人財教育部で、いつも職場の課題をもって参加している。


合宿も中盤にさしかかった頃、
久保君が「荒井さん、なんで、さおだけ屋がつぶれないか、知ってますか?」と
自慢げに聞いてきた。
(へ~、意外とものしりだね・・・)と思ったけど、
真面目に答えてもつまんないから、
「だいたい、さおだけ屋は、警察の張り込みが多いんだよね・・」と
昔、テレビの刑事ドラマの話をしてあげた。
「たぶん本当だから、つぶれないんだよね」って。


そんな答えに久保君はびっくりしていたが、
実は、今回の久保選手の課題は、
山田真哉氏の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?(光文社新書)」の本を合宿中に読んで、
レポートを提出することだった。


会計学を面白く、分かりやすく読めるこの本はベストセラーになっている。
合宿の夜の自由時間、本を読んで、パソコンに向かっている久保選手。
なにか独り言を言いながら文章を書いている。
練習の時よりも真剣な顔・・


スキー部を立ち上げ、トリノ・センターポール作戦を計画したとき、
顧問であった渡部勤さんから、
「数字で表すことのできないスポーツや競合分析など意味がない」
「1km当たりのタイム、初弾のタイム、射撃タイム、
命中率・・など徹底した比較できる単位、数値で表現しないと、だれも見向きもしない」と、教えられた。
「企業がやる以上、数字で勝負しよう」と。
そして膨大なデーターを一目でわかる表にしてくれた。
今のスキー部にはデーターで勝負する、この財産がある。
まさに会計学からみたスキー部の活動だ。


強国ロシアやウクライナに、一企業チームが真っ向勝負している。
長田は、バイアスロンのパシュートで、
新田は、クラシカルで、
太田は、バイアスロンとスプリントで、
久保は、長距離で。
データーを分析し、どの種目で勝負させるか。
スポーツを数値化にする力を持っている。
だから、日立システムスキー部は強いのだ。


2009世界選手権ワールドカップ
そしてバンクーバーパラリンピック・プレ大会と続く。
選手たちの鍛え抜かれた身体と
企業が培ってきた、ものの見方や考え方を結合して、
必ず勝利できると確信している。


今夜も久保選手、
1セット50回、これを10セット。
これを続ければ、雪原を思うがままに走り回れる。
1km3分で・・・。


[写真]久保選手


[写真]久保選手


もちろん、ジムで汗をかいた後の久保選手、
「さおだけ屋・・・」の宿題は忘れていない。

合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

ご無沙汰しております。昨年の旭川合宿に(久保君と)ご一緒させて頂いた金井です。あれから早くも一年が過ぎようとしていますね。合宿では皆さんがとても温かい雰囲気で迎えてくださったことを思い出します。合宿の後にはいよいよ国際大会が目前となりますね。ガンバレ日立システム!!心より応援しております。また陰ながらブログを拝見して時より監督の冗談にニンマリしています。日々のトレーニングで自己管理も大変だと思いますがどうか身体にお気をつけ下さい。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.