「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中の車いすマラソンで鍛えた不屈の闘志

[ ここから本文 ]

2009年1月27日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

車いすマラソンで鍛えた不屈の闘志

2009年1月27日(火)  [荒井秀樹]

久保恒造が目標どおり世界障害者ノルディックスキー選手権大会の長距離15kmレースでシングルに入った。
中盤、順位を上げ3位にうかがう4位と健闘し、4位から10位まで秒差の厳しいレースだった。
先に力尽きたものが脱落していくサバイバルレース。


アップダウンのきつい2.5kmコースを6周。30秒づつスタートするシングルスタート。
だから、選手本人は、今何番手で走っているかわからない。
コース脇で、コーチがタイムを取り無線で飛ばしていく。
「恒造、5番手、クリスに3秒負け!キセレフに1秒勝ち!」


久保は、車いすマラソンランナーのプライドがある。
ロシアのLW12(切断)の選手たちに「負けたくない」と闘志いっぱいでレースを戦った。
ラスト1周、あえぐ久保に、ワックスキャビンで作業中のワックススタッフも全員が出てきた。
「アメリカのクリスと秒差だ!」「がんばれ、恒造!!」


[写真]久保選手
(力走する久保選手)


この1年、今日のためにトレーニングを積んできた。
「うわぁ、うわぁ」と声がでる久保。
統合されたシットスキークラスで、日本人最高の6位入賞を勝ち取った
悔しいが、クリスに5秒、キセレフに1秒やられた。
後半戦に手ごたえを感じさせる今日のレースだった。


今までの苦しいトレーニングが、少しづつ彼を変えてきている。
他の選手にも、言えること、
「練習は嘘をつかない」
長田、新田、太田とも、
もう一度原点にかえってトレーニングに励むことだ。
結果は、必ずついてくるから。


[写真]トレーニングする久保選手
(上腕の筋力強化に取り組む久保選手)

車いす陸上競技シットスキー大会日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

これからが楽しみだ。バンクー場の表彰台が見えてきたのでは、よし!一歩一歩前進。
K/I

コメント

 久保選手、NZではクリス選手に13秒/Km差があったんだから15Kmで5秒差につめたのはすごいな。
 でもここからが大変なんだろう!表彰台真ん中目指してがんばれよ。
 今期、表彰台でバリヤのラーメン、真ん中で田村にしようか!!

コメント

久保君、良く頑張りました。花丸ですね。でも、まだ「おめでとう」は、言いません。上には、上がいますからね。それにしても新田君が心配です。休養も練習の内と考えゆっくり休み次に向けて頑張って下さい。F2-S

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.