1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 大会日記
  4. の中のスピード化が進む世界。対応策を講じていきたい

[ ここから本文 ]

2009年2月 2日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

スピード化が進む世界。対応策を講じていきたい

2009年2月 2日(月)  [荒井秀樹]

IPC世界障害者ノルディックスキー選手権大会IN フィンランド :最終日
〈男女スプリント・クラシカル〉
太田は4位に入る健闘。
スピード化が進む世界。対応策を講じていきたい



バンクーバー・パラリンピックに向けてスピード化が進んでいる。
太田にとっても新たな課題


来年のバンクーバー・パラリンピックから正式種目となるスプリント・クラシカルが最終日に行われた。


各国とも、パラリンピックでのメダル獲得を目標として、この種目を強化していることがよくわかったレースになった。


女子立位の部で4位に入った太田渉子は、現在の実力を発揮してくれたが、決勝に残った世界の4強と戦っていくうえでは、よりスピードトレーニングを積む必要があると実感した。


スタートダッシュ、登りでのキック力はより強化していかなければならない。
そのためにも、本人が自覚をもち、体づくりから行う必要がある。


男子立位の部では、新田佳浩が準決勝まで進んだが、決勝進出はならなかった。この部門ではとくに高速化が進み、ダブルポール(ストックを2本使うこと)の選手がのきなみ上位を占めている。


片手推進の新田と佐藤圭一(中電CTI)がこの現状に追いつくために、急ぎ対抗策を講じていきたい。


関連記事
世界選手権最終日スプリント 太田が4位!
フィンランド世界選手権最終日
スプリントレースを終えて

クロスカントリースキー大会日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.