1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の新田選手は無駄のないフォームで1位、2位と対等に戦った

[ ここから本文 ]

2009年3月 6日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田選手は無駄のないフォームで1位、2位と対等に戦った

2009年3月 6日(金)  [荒井秀樹]

IPC障害者ノルディックスキーワールドカップ第2戦:カナダ大会 第2日(兼バンクーバー・パラリンピック プレ大会)
〈男女クロスカントリースキー・中距離クラシカル〉
男子立位10km 新田佳浩 3位 28分38秒3


新田が3位に入り、メダルを獲得してくれた。
新田は今季、W杯第1戦スウェーデン大会20kmクラシカルで優勝しており、得意のクラシカルで続けて結果を出し、安定した実力を示した。


レースでは、前半抑え気味に入り、5kmを4位で通過したが、後半にピッチを上げて3位に滑り込んだ。
優勝したオレグとは38秒、2位のイルカとは29秒の差があるが、新田の持ち味である無駄の少ないフォームを生かし、対等に戦った。
昨年夏から取り組んでいるトレーニングにより、脚力がしっかりついてきていることを証明してくれたレースだった。

クロスカントリースキーワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

野口英雄さん、Toshiさん
ありがとうございます。
トップをねらったのですが、日本に帰国していたときに新田は、インフルエンザにかかってしまい体調が万全ではありませんでした。
しかし、これが今の実力です。来年、金をめざしてチーム一丸となって精進します

コメント

おめでとうございます。良かったですね。

コメント

おめでとうございます。

明日もがんばってください。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.