1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のウィスラーオリンピック/パラリンピックパーク

[ ここから本文 ]

2009年3月 1日(日) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ウィスラーオリンピック/パラリンピックパーク

2009年3月 1日(日)  [荒井秀樹]

宿舎のあるスカーミッシュから車で40分。
世界の熱戦の舞台となる
ウィスラーオリンピック/パラリンピックパークがある。


[写真]ウィスラーオリンピック/パラリンピックパーク
(ウィスラーオリンピック/パラリンピックパーク)


ジャンプ台、クロスカントリーコース、バイアスロン射撃場とそのコースなどコンパクトにまとめられていてオリンピック・パラリンピック後も有効に活用されるだろうな、と思った。
なぜかと言うと、ペットを連れて遊びに来るスキーヤーにために、ワンちゃんのウンチを始末できる袋が入ったボックスが設置してあった。
こんな設備を見ると、なにかスポーツ施設としてだけではなく、ペットも人間も、みんなして、大自然にあるスポーツ公園を大切に使おうというカナダの人たちの意気込みが感じられる。


[写真]ペット用設備


日本チームのチーフコーチの小林卓司先生(小樽水産高校)が、
「授業で使うかな・・」とか独り言をいいながら写真を撮っていた。
高校の授業では、珍しい海外の様子や選手の活躍、大会模様を紹介しようと、いつもカメラを持っている。
生徒にとっては、知らないことばかりの授業で、きっと楽しいはずだろう。


[写真]小林チーフコーチ
(小林チーフコーチ)


小林先生は選手からの信望も厚く、「小林先生のために・・」と選手たちは爆走してくれるだろう。
選手をサポートするスタッフは、職場の方々の助けをもらいながら長期休暇して、大変な思いをしながら駆けつけてくれる。
本当にいつも感謝だ。


今回は、バンクーバーに住む日本人の方々のボランティア応援を頂いている。
語学の勉強でカナダにいる梅村真利子さんは渉子と朝ごはんの準備をしてくれた。
お姉さんがいると、渉子も張り切っていた。う~ん、単純だ。


[写真]太田選手と梅村さん


▼ 関連記事
オリンピックパークを下見してきました
バンクーバープレパラリンピック大会コースの下見
バンクーバーに到着しました


▼ 関連コンテンツ
[イラスト]スキー部オリジナルクイズスキー部オリジナルクイズ


パラリンピック冬季種目

クロスカントリースキーバイアスロンパラリンピックワールドカップ監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

一人の母さんへ
お嬢様がこちらに住んでいらっしゃるそうで、
なにかと、ご心配ですね。
ここウィスラーは、オリンピック、そしてパラリンピックと熱く燃えていますよ!!
応援よろしくお願いします。

コメント

私の娘はウィスラーにすんでいるので
オリンピック パラリンピックの地元ボランティアを
しています。ウィスラーでのパラリンピックの競技
は何なのか 検索していてここをみつけました。
これから毎日見に来て 選手の皆さんの名前を
覚えてご活躍をお祈りしています。

コメント

カナダ,ウインスラーオリンピックパーク,ワンコちゃんたちのウ○チ袋が備えられているとはすごい。日本とは,ちょっと違いますね。我が家にもビーグルが1匹いるのですが,散歩に行くたびに,最低2回はやってしまいます。私は,袋に入れて持ち帰るようにしているのですが,田んぼのあぜ道には,あちらこちらにウ○チの残骸が見られます。土に返るのは間違いないのでしょうが,やっぱり,ちょっと・・・です。
日本も諸外国に学ばなければならないことが,まだまだたくさんありますね。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.