1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のボランティア

[ ここから本文 ]

2009年3月17日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ボランティア

2009年3月17日(火)  [荒井秀樹]

ワールドカップ最終戦カナダ大会はバンクーバーアイランド・マウントワシントンで行われた。
最終戦にふさわしく白熱したレースが連日展開された。
そして、この大会を支えているのは、バンクーバーアイランドに住む多くのボランティアの皆さんだ。
ほんとうに良く活動をしていた。


[写真]ボランティア受付
(ボランティア受付風景)


[写真]フードテントのボランティア
(フードテントのボランティア 選手たちを元気づけてくれた)


[写真]朝食ボックスの準備
(朝食はボックスで、ボランティアの人たちが詰めてくれた)


日本では、スキー連盟やスキークラブが競技を運営し、ボランティアの方たちは、その補助サポートだったり、選手たちの生活面のサポートが多い。
でも、ここでは、競技運営役員もボランティア募集をし、なんと大会期間中約350人の人たちで運営していた。クロスカントリーのコース係や関門係、タイミングもボランティアの方たちだ。
だから、ほとんど大会費用がかからないと言う。


[写真]競技役員
(写真:競技役員も市民ボランティ)


[写真]周回チェック
(ペナルティーループ周回チェック係もボランティア)


交通費を負担しても、参加したいと言っていた。宿舎と会場を結ぶドライバーボランティア。早朝から夜遅く、とても大変な仕事だ。
なぜ、みんな誇りと笑顔でボランティア活動をするか。


期間中、二つの事を目撃し、理解できた。
それは、応援に来た子供たちに、ボランティアの人が、学んだパラリンピックやレースのルールを説明していた。
子供たちも真剣に聞いている。
これだ。
ボランティアの人たちも、主人公だ。


[写真]子供たちに説明をするボランティア
(子供たちに説明をするボランティア)


そして、もっと驚いたのは、
ボランティアの仕事ぶりを子供たちに説明し、
激励に来ていたことだ。
子供たちの歓声が上がり、
ボランティアの人たちもうれしそうに手を振っていた。
そう、ボランティアの活動ぶりを、必ず子供たちが見ている。
そんなボランティアの方たちの背中を見ながら、
きっと子供たちも、ボランティア精神を受け継いでいくのだろう。
僕は、カナダのボランティ活動に深く感謝した。


[写真]激励にくる小学生
(ボランティアを激励にくる小学生たち)

ワールドカップ監督日記応援・支援

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

トーレス理花さん
カナダでサポートしていただいたボランティアの皆さんにとても感謝です。
日本における私たちの活動にも、大変参考になりました。
来年、皆様とお会いできること、とても楽しみにしています。
一年間、みっちりトレーニングに励みます!!

コメント

米国やカナダのボランティア活動の根底にあるものは、日本人のそれとは大きな差がありますよね。素敵なブログをありがとうございました。きっと本番でも素晴らしいボランティア活動を見ることができることでしょう。楽しみです!

コメント

クロカン王子さん
お疲れ様でした!
夏のトレーニング、
がんばりましょう!!

コメント

W-CUPお疲れ様でした。わたしもカナダのボランティア活動のチカラにはビックリしました。こんな大会を日本でも開催できるよう僕らがもっと頑張らなければと思いました。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.