1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. スキー用具
  4. の中のウィスラーに戻ってきました

[ ここから本文 ]

2009年3月24日(火) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ウィスラーに戻ってきました

2009年3月24日(火)  [新田佳浩]

シルバースターからパラリンピックが行われるコースの熟知とストラクチャーのテストを兼ねて、ウィスラーに戻ってきました。


初日はボタン雪で、数分で全身びしょ濡れになるような天候でしたが、ここ数日は天候も安定していて、コースの日向と日陰による温度の違いやストラクチャーによる滑走性の違いもある程度傾向が出てきたように思います。


[写真]ストラクチャーのテスト
(ストラクチャーテストをしている様子)


またこちらに来て驚いたことは、様々な人がクロスカントリーのコースでスキーをしていることです。


正直、日本でクロスカントリーの常設されているコースに来るスキーヤーの多くが、選手としてクロスカントリーをしていて、ファンスキーや家族でクロスカントリースキーを楽しんでいる姿はなかなか見かけません。


カナダやヨーロッパでは、競技者からファンまで自分にあった体力で楽しむことが出来るクロスカントリースキーですが、日本ではなかなか普及していないのが現状です。


これは日本のスポーツは部活動を中心として『勝つこと』に重きを置いていて、社会人になると、競技者としてしか残ることが出来ないというジレンマがあるように感じます。


スポーツを楽しむこと、基本のようですが競技者になると普段忘れがちになります。『きれいな雪山を見つつ、太陽の暖かさを感じる』そんなことを基本に帰ることが出来る機会でもあります。


将来私が現役を引退したとき競技を応援しつつ、家族でクロスカントリースキーを楽しみたいと思います。


▼ 関連記事
サーリセルカのクロスカントリーコース
さらなるパワーアップをめざしてダブルポーリング練習
ニュージーランドのトレーニング環境


▼ 関連コンテンツ
[イラスト]スキー部オリジナルクイズスキー部オリジナルクイズ

スキー用具ワックススポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.