1. ホーム の中の
  2. [生活]
  3. リフレッシュ
  4. の中の隻腕のプロサーファー べサニー・ハミルトン

[ ここから本文 ]

2009年4月16日(木) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

隻腕のプロサーファー べサニー・ハミルトン

2009年4月16日(木)  [新田佳浩]

隻腕のプロサーファー、べサニー・ハミルトン(Bethany Hamilton)さんが「ザ・ベストハウス123」(フジテレビ)というテレビ番組に出ていました。


彼女、べサニー・ハミルトンはもともとスポンサーがつくほどの素晴らしいサーファーだったが、13歳のときサーフィンをしている最中シャークアタックに遭い片腕を食いちぎられてしまう。


一命は取り止めたものの、プロサーファーになると言う夢を閉ざされたように思えた。しかし彼女は、事故後1ヶ月で海に戻ってくる。


パドリング、ランディングといった両腕が重要なことも、不屈の精神で克服する。そしてプロサーファーの舞台で活躍しているという物語でした。


同じ隻腕という障害を持つ私にとって、『今までできたことが、できなくなった。』という事実は大変辛かったと思います。


しかし「できないからやらないと言うわけではなく、様々なことに挑戦する」その姿勢があったから、べサニー・ハミルトンはプロサーファーとして戻ってこられたと思います。


私は講演をするとき、『子供たちに片方の腕が使えなくなったときにどうするか?』といって様々なことをやってもらいます。


最初は、子供たちは「えぇ~」「できない!!」と言った言葉を口に出しますが、やってみると、そこから様々なアイディアや工夫が生まれできるようになります。


「やろうとしてみる。」、そして『不可能を可能に信じるココロ』があれば何でもできると言ったことを話します。


テレビを見ていて、私自身も気持ちを新たに頑張ろうと思いました。

リフレッシュスポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

彼女のことは、本で知りました。彼女の言った「誰かが希望を見出す手助けが出来るなら、私が腕を失った価値はあったと思う。」この言葉が忘れられません。
新田君の滑りを見てスキーを始めた私にとっては、新田くんがスキーのベサニー・ハミルトンですよ。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.