1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. パラリンピック
  4. の中のスキー上達法

[ ここから本文 ]

2009年5月 7日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

スキー上達法

2009年5月 7日(木)  [荒井秀樹]

バンクーバーパラリンピックが行われるウィスラーパラリンピックパークのコースは、
アップダウンも多いし、カーブも多い。
スキー操作のうまい選手ほど断然有利だ。


そこで、この1年間の練習は、そんなコースを攻略できる細かいスキー技術の上達がカギを握っている。
この旭岳合宿では、8の字ターンや下りの練習など、普段あまりできない練習を取り入れている。
この時期の雪質は重いけど、
軽快にリズムよく、ステップを踏み加速できるターンをめざしたい。


写真は、ブラインドクラスの鹿沼由理恵選手がガイドの大平紀夫先生(八戸第1養護学校)の先導で、
8の字ターンの練習をしているところ。


[写真]ガイドの大平大平紀夫先生と鹿沼由理恵選手(大平ガイドと鹿沼由理恵選手の8の字ターン)


ガイドは、ブラインド選手の位置を確認しながら、ステップを踏むリズムを伝えるために、
「右、右、右・・・」と声を出す。
今までは、制動をかけながらのターンだった鹿沼選手も、キックしながらターンができるようになった。


[写真]出来島桃子選手(リズムのいいターンめざす出来島桃子選手)


スタンディングクラスの出来島桃子選手(新発田市役所)は重心のバランスを大切にし、
スキーをグライドさせながらターンができるようになるまで、このターン練習を毎回取り入れている。
リズムがとても大切だ。
チーフコーチの小林卓司先生(倶知安高校)が、
タイムを計って競争したり、
いろんなターンを作って、ゲーム感覚で練習できるように工夫している。


下りの練習も、雪が固い早朝に行っている。
ターンする個所を決め、そこへアウトからインへ、
ベストラインを取れるようチャレンジしている。


[写真]久保恒造選手
(ダウンヒル練習の久保恒造)


シットスキーも、登りが勝負だが、
下りこそ、相手との差をつけるところだ。


日大スキー部の学生たちが練習をしていた下りのバーンに、長田弘幸と久保恒造も挑戦した。
一気に下る二人!!


[写真]久保恒造選手(一気に下る久保恒造「ひゃ~!!」)


僕が「どうだった?」と聞いても無言のまま笑顔をつくる二人・・・
顔に「怖かった・・・」と書いてあった。


[写真]長田弘幸選手と久保恒造選手


5月の春スキー。
パラリンピック選手たちの掛け声が、旭岳に響いている。
春の太陽だけでなく、選手たちの熱い心も伝わってきた。


シットスキー関連記事
シットスキーに感じるパラリンピックの凄さ


ウィスラーパラリンピックパーク関連記事
ウィスラーオリンピックパーク

パラリンピック合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

ノルディック命さん
差し入れありがとうございます!!
旭岳合宿は10日で終わりですが、
5月は、このあと網走で陸トレ、札幌で射撃合宿と続きます。
これからも応援をよろしくお願いします。

コメント

 旭岳合宿お疲れさまです。ウィスラーでの大会を想定しての練習大変ですね。頑張ってください。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.