1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の太田渉子、水中体重計で測定

[ ここから本文 ]

2009年7月15日(水) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

太田渉子、水中体重計で測定

2009年7月15日(水)  [荒井秀樹]

毎年トレーニング開始時期とシーズンイン時期に、横浜市スポーツ医科学センターが行う競技力向上コンサルティング、メディカルチェック(医科学的検査)とフィットネステスト(体力測定)、食事分析、栄養チェックを受けている。
さらに、JISS(国立スポーツ科学センター)トレーナーの岡野憲一氏がクロスカントリースキーシットスキーに絶対に必要な筋力の測定を定期的に実施している。
トレーニングの進捗状況をコーチ・選手で把握するうえでも、とても重要だ。


長田弘幸、新田佳浩、久保恒造は5月に終了しているが、フィンランドから帰国した太田渉子が、7月8日に受けた。
特に今回は、正確な身体の測定を行うことから水中体重計で体組成を測定した。


[写真]測定中の太田渉子
(水中体重計で正確な体脂肪が測定できる)


[写真]肺の息を測定している太田渉子
(肺に残っている息も測定する)


スタッフの方から「息を吐いて~、もっと吐いて~」と、プク、プク・・と肺に残っている息を吐き続けるのだが、
慣れないと結構きつそうだ。
全身持久力測定、筋力・パワー測定も実施し、長い一日だった。


結果は、その日のうちにデーターが出て、担当の先生から個別指導がある。
特に脚力・ハムストロングスのパワー数値が上がっており、より肉体改造、正しい栄養摂取など指導を受けた。


[写真]ポールランニングしている太田渉子
(スキーに必要な全身持久力をポールランニングで測定する)


[写真]脚力の筋力を測定中の太田渉子
(脚力の筋力測定、昨年より10%以上伸びた)


[写真]上腕、広背筋を測定中の太田渉子
(上腕、広背筋を測定する)


体力測定関連記事
体力測定での変化 [新田佳浩]
体力測定。数字化することの大切さ

監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.