1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のスポーツ動作分析 ダートフィッシュ

[ ここから本文 ]

2009年7月25日(土) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

スポーツ動作分析 ダートフィッシュ

2009年7月25日(土)  [荒井秀樹]

筋力強化とスピード持久力の強化に取り組んでいるが、選手のテクニックを分析し、強みと弱みを把握する。
強化の結果、どのように進化しているかを見るうえでも、このダートフィッシュはとても有効だ。


過去のフォームを掛け合わせることもできるし、
海外のライバル選手のフォームを合成表示し、比較分析もできる。
そして、もっと凄いのは、この映像から、角度、距離、座標、時間、スピードなどの計測まで可能で、
情報のデーターベース化もできる。


今回は、新田佳浩のダイアゴナルをストロモーション(動きの軌跡を見る)してみた。


[写真]新田佳浩
(新田佳浩のダイアゴナル。カメラのポジションのため、平地に見えるが、実際は、5~7%の斜度を上がっている。)


このダートフィッシュを活用し、監督やコーチ、選手へ情報を送ってくれるスタッフがいてくれることに、
僕は、とても感謝している。


スキー部事務局の勝呂君だ。
高校時代、サッカーでインターハイに出場した経験があるスポーツマン。
選手の「良きお兄さん」としての相談相手にもなってくれている。
尾花沢合宿でも、選手のデーター撮りや太田渉子の宿題を手伝ってくれたり、と大奮闘・・・
「渉子、ちゃんと感謝しなさいよ(笑)」


[写真]スキー部事務局の勝呂
(スキー部事務局の勝呂君)

監督日記トレーニングスポーツ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

勝呂さんには大変お世話になってますm(vv)mスキー以外にも勉強やパソコンなどatc・・・。そのサポートをパワーにしてトレーニングに励みます!!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.