1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の雨のインターバルトレーニング 太田渉子に檄が飛ぶ!

[ ここから本文 ]

2009年8月13日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

雨のインターバルトレーニング 太田渉子に檄が飛ぶ!

2009年8月13日(木)  [荒井秀樹]

11日、太田渉子と出来島桃子選手がインターバルトレーニングの日だ。
朝起きて、ビックリ!
なんと大雨だ。


[写真]雨の降る様子
(雨の中でのスピード練習)

[写真]太田渉子選手
(雨のレースもある。どんな条件でも頑張れる精神力を!)


しかし、予定通り実施。雨の日のレースだってあるのだから。
雨の日のスキーが好きじゃない太田渉子も、気持ちを切り替えて、出来島選手と一緒にスケーティング200mだら登り10本を行った。


全日本のチーフコーチ小林卓司先生(北海道倶知安高校)がタイム計測。
「15本やりたいが、きっちり10本。いいか~、タイムを落とさないように最後まで頑張るんだぞ」と気合いを入れてスタートした。
インターバルは2分30秒だ。


[写真]トレーニング中の太田渉子選手
(太田渉子の課題、スピード持久力だ)

[写真]太田渉子選手と小林卓司先生
(雨の中、タイムを計ってくれる小林卓司コーチ)


今回の課題は、10本のタイム、最高と最低タイムの差を少なくとも一桁の%に抑えること。
出来島選手は8%で、なんとか食い下がった。
太田渉子は、20%も開きがあり、スピードの持久力の低さが出た結果だった。
小林コーチや僕や、出来島選手からも檄が飛ぶ。
なんとしても、5%以内を目指して、持久力・回復力をつけたい。
タイムを数値化し、具体的なデーターで示して、
選手の強みと弱みを見つけて議論できるようにしている。
太田渉子の課題でもある、このスピード持久を身につけることが、
バイアスロン競技のパシュートやクロスカントリーのスプリントを競う上でも絶対の条件だ。


[写真]倒れこんだ太田渉子選手と出来島桃子選手
(ゴールして倒れこむ二人、自分に勝つことの大切さ。)


小林先生は夜のミーティングで、
「自分に勝てなくて、なんで他人に勝とうなんて思えるんだ」と二人に話す。
太田渉子も、次回のインターバルトレーニングでは、後半、タイムを落とさない、
出来島選手に負けない、そんな強い精神力で臨むことを誓った。


悪天候が続く毎日。
コーチや選手らの掛け声がこだまする。
練習が終わる午後6時。
つらかった練習も、チームメイトのおかげで、笑顔が絶えない。
泣き笑いが続くニュージーランド合宿。
バンクーバーパラリンピックまで、あと210日。
ここが本当に勝負だ。


[写真]スキー板で顔を隠す太田渉子選手と出来島桃子選手
(練習終了後、太田渉子選手と出来島桃子選手)

[写真]笑顔の太田渉子選手と出来島桃子選手
(今回の合宿では同室。太田渉子のお姉さん役でもある出来島桃子選手)

クロスカントリースキー合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

F2-Sさん
昔は、僕も深川の御神輿を楽しみにしていましたが、8月ニュージーランド合宿が十数年続いているので、残念ながら、いつも担げません。必ずいつか、実現したいです。日本に帰国しましたら、ご連絡します。

コメント

選手達は、限界までトレーニングしてそれでも笑顔ですね。頭が下がります。こちらは、一週間のお盆休みの中で三年に一度の深川神明宮の例大祭があり年甲斐もなく真黒に日焼けしています。帰国後に一杯やりましょう。それでは、お元気で!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.