「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. 荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座
  3. の中のバイアスロンとは?|荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

[ ここから本文 ]

2009年10月21日(水) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
2009年10月21日(水)  [日立ソリューションズスキー部]

めざせ!2010バンクーバーパラリンピック荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

質問1:バイアスロンとは?

答えバイアスロンとは、ギリシャ語で2を意味する「バイ」と、「アスロン」(競技)を合わせた言葉です。バイアスロン競技はクロスカントリースキーのなかに、射撃を組み入れたレースです。
バンクーバーパラリンピックでは、ロング(長距離)の12.5kmと、今大会からパシュート(追い抜き)の、2つの種目がバイアスロン競技になります。

[写真]しゃじょう(射撃場)の風景


バイアスロンのロング競技は、2.5kmのコースで行われます。2.5kmを1周走るごとに射場に入り、5回のシューティング(射撃)をします。バイアスロンのパシュート競技は、1kmを1周走るごとにシューティングをします。


[写真]長田選手射撃 満射をめざして的を狙います。


スタンディングとシットスキーの選手は、1.5cmの的を10m離れたところから全部伏せ撃ちで狙います。エアガン(空気銃)を使い、実際に実弾が出ます。以前は的の大きさは2.5cmでしたが、レベルの高い競技にしようということになり、1.5cmへと小さくされました。バイアスロン競技では、全て的中することを駐車場ではないですが「満射」と言っています。的(まと)のことは「テキ」と読んで、「テキに当てる」と言います。的を外すとペナルティがあります。


[図]的の解説

このページのトップへ

質問2:どんなペナルティがあるのですか?

答え ロング(12.5km)の場合は、1発はずすと、1分のペナルティです。1分が自分の実際に走ったタイムに加算されます。ロングの場合は4回射撃を行いますから、相当なペナルティになってしまうこともあります。

パシュート(3km)の場合は、予選と決勝が行われ、予選では1発はずすと20秒、決勝では80メートルのペナルティを外した数だけ走ります。

このページのトップへ

質問3:視覚障害者の選手はどうやって射撃をするの?

答え 視覚障害者の選手(ブラインド)は、実際自分の目で見て撃つことができないので、周波数を聞くことができるヘッドフォンをつけて行います。音式スコープという装置によって、的に銃口が近づいてくると、周波数が上がっていきます。その音を聞き分けて狙いを定め、撃ちぬきます。的の大きさは2.5cmです。銃は、長野のパラリンピックまではエアガン(空気銃)を使っていましたが、ソルトレイクからビーム銃に変わり、バンクーバーでもビーム銃が使われます。


[写真]ブラインドの射撃 ヘッドフォンをつけて音で的をキャッチします。

このページのトップへ

質問4:どんな音がなるの?

答え 最初はドッドッドッドというゆっくりした音で、的のほうに近づいていくと、ドドドトトトと上がってきて、的の周辺までいくとブーッという音がしてきます。さらに、近づくとビーッという音になり、一番近いところでは1400ヘルツ位まで上がり、ピーっというとても高い音に変わります。その高音に変わったところを撃って的中させると、「当たりー」というような、クルクルっという音に変わる。当たらないとブッブーッというような音がなってとってもつらいんですね。

このページのトップへ

質問5:順位はどうやって決めるのですか?

答え スキーの速さと射撃の正確さを競い、タイムで順位を決めます。
勝敗は、ロング(12.5km)の場合は、滑走タイムに係数をかけたタイムと、射撃の失敗数に1分をかけたタイムの2つを足したタイムで競います。
パシュートの場合は、予選と決勝が行われ、予選は滑走タイムに係数をかけたタイムと、射撃の失敗数に20秒をかけたタイムの2つを足したタイムで争います。


ロングの場合、かっこ、滑走タイム、かける、係数、かっことじる、たす、かっこ、射撃の失敗数、かける、1分、かっことじる。パシュートの場合、かっこ、滑走タイム、かける、係数、かっことじる、たす、かっこ、射撃の失敗数、かける、20秒、かっことじる

このページのトップへ

質問6:見所はどんなところですか?

答えスキーを速く滑らせれば呼吸がみだれ、射撃の正確さが損なわれます。動と静の正反対の性格をもつ競技を、どう組み合わせるかがこの競技の最大のポイントです。スキー走行してきた選手の脈拍は、1分間に180を超え、呼吸も乱れている選手もいます。もちろん射撃のタイムも加算されますから、選手は、なるべく速く射撃することが求められます。強靭な体力と精神力をもつものが、その栄冠を手にすることができる競技です。
オリンピックとの違いは、その距離と射撃回数が少なくなるほか、射撃用の銃はエアーライフルで、伏射(うつぶせになって撃つ)すること、銃を持って滑らないことです。また、視覚に障害のある選手は、ガイド(伴走者)と共に滑り、射撃は電子音で標的の位置を知らせる音式スコープ(的に近づくと音が高音に変化し、離れると低くなる)を使います。


[写真]小林選手 滑走 ガイドと共に走ります。


リレー競技について聞いてみよう

関連記事

最終戦バイアスロン・ロングレースで課題が明確に
バイアスロンは満射で勝負する時代へ
バイアスロンのメンタルトレーニング

【第1回】ノルディックスキーのこと教えてください
【第2回】パラリンピック競技のルールを教えてください
【第3回】パラリンピックをめざす選手のこと教えてください

荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.