「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. 荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座
  3. の中のシットスキー|荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

[ ここから本文 ]

2009年10月21日(水) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
2009年10月21日(水)  [日立ソリューションズスキー部]

めざせ!2010バンクーバーパラリンピック荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

質問1:シットスキーって何ですか?

答えノルディックスキー競技で使用するシットスキーは、2本のクロスカントリー用スキー板の上に、座るための装置を取り付けたもので、材質や形状については規定上、自由です。以前は座席の地上高は30cm以下と決められていましたが現在は高さの規定はありません。選手は、ベルトを使用してシットスキーに体を固定したり、追加のカバーやクッション材をつけたり、雪や風雨に耐えられるようにカスタマイズをすることが可能です。


[写真]シットスキー[コメント]カスタマイズして、使いやすいように改良しています

このページのトップへ

質問2:シットスキーですぐに滑れるのですか?

答え 1998年の長野パラリンピック開催が決まった頃、日本にはノルディックスキーのチームもなければ組織もなくて、シットスキーもまだ日本になかったんです。そこで、ノルウェーからシットスキーを1台買ってきて、「これに乗ってごらん」ってところから始まりました。これが、96年頃のことです。車椅子なら、1回こぐだけでスムーズに進みますが、シットスキーは、「ストック持って、こいでごらん」と言ってもなかなか前に進みませんでした。今では長田選手は一人で勢いよく進みますが、始めた当初は両サイドで人が押したり、方向転換する時にはスキーの先を持ち上げたり、補助をしていました。


【第3回】パラリンピックをめざす選手のこと教えて

関連記事

パラリンピックのスポーツ用車椅子が完成するまで
バンクーバーパラリンピック必勝法 ダウンヒルとターンに強くなれ!
シットスキーに感じるパラリンピックの凄さ

【第1回】ノルディックスキーのこと教えてください
【第2回】パラリンピック競技のルールを教えてください
【第3回】パラリンピックをめざす選手のこと教えてください

荒井監督のパラリンピック競技ノルディックスキー講座

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.