1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. トレーニング
  4. の中の新田佳浩の筋力アップトレーニング

[ ここから本文 ]

2009年10月26日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩の筋力アップトレーニング

2009年10月26日(月)  [荒井秀樹]

オーストリアのラムサウには、充実したスポーツ施設がある。
今日は、午前中氷河でスキーの走り込み、午後は筋力トレーニングを行った。
今回、一緒に帯同している井川純一選手(岐阜日野自動車スキー部)、大林千沙選手(羅漢友の会)。国際大会や日本で活躍する2選手から、いい刺激をもらっている。
この日、全日本スキー連盟(SAJ)のナショナルチームA・B強化指定の恩田祐一選手(栄光ゼミナールスキークラブ)や夏見円選手石田正子選手(ともにJR北海道スキー部)らも筋力トレーニングに汗を流した。


新田佳浩は、クラシカル走法をより力強いフォームにするために、バーベルの負荷を利用して、片脚バランスをとりながら下半身、体幹の筋力強化を行っている。
足裏にしっかり重心を移動させること、身体をぶれないようにキックを最後まで伸びきるまで完成させマキシマムのフォームにしていく。


[写真]新田佳浩のバーベルトレーニング
(力強いフォームにするために)


片腕の新田佳浩にとって、最大の課題は、上腕の筋力、体幹の筋力を左右バランスよく鍛えなければならないことだ。
なぜなら、スキーにとってバランスはとても大切で、身体がぶれたり、ねじれないことが滑走を高めることにつながる。
両腕で行うトレーニングには、ロープと金具を利用してサポート用具を作製した。
何回とこなしていく新田佳浩の懸垂をみて、みんなが驚いている。
誰もが知っている懸垂の苦しさに・・・。
工夫すれば、どんなトレーニングも可能になる。
新田佳浩の信条「不可能はない!」


[写真]懸垂する新田佳浩
(懸垂、ぎりぎりまで挑む)


[写真]トレーニングする恩田選手、夏見選手
(恩田選手や夏見選手もトレーニングしていた)


2時間以上続く筋トレの最後のメニュー、1分間連続で行う腹筋。70回以上行う。ペアの井川選手と声を掛け合って、限界まで行く。
歯を食いしばる新田佳浩に、
僕は声をかけた。
「頑張れ、まだ行ける!ここからが練習だぞ!」


[写真]新田佳浩の腹筋トレーニング
(1分間に腹筋70回以上こなす、3セット。)


ラムサウ合宿関連記事
ゴルフ場でスキーのトレーニング…
ラムサウに雪が降る
大自然を体感、ラムサウの猛吹雪
氷河のスキーにバイアスロンの射撃、 そしてドイツ語

合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.