1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の大人の練習

[ ここから本文 ]

2009年11月 6日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

大人の練習

2009年11月 6日(金)  [荒井秀樹]

フィンランドでトレーニングに励む太田渉子。
ここボッカティもオリンピック・パラリンピックシーズンということもあって、例年になく活気にあふれている
今日の太田渉子は、登校前の2時間、クラシカルのスキートレーニングだ。


[写真]太田渉子
(朝練する太田渉子)


2時間、じっくりと走り込む。
重心を足裏に感じながら、意識して滑走ること。
スキーをグライド(滑らせる)させる技術は、いいものを持っている太田渉子。
あとは、追い込んで走っても、その技術で、最後まで走りきれるかだ。


[写真]チームメイトと走る太田渉子
(チームメイトと走る太田渉子)


日本で、太田渉子を応援くださる皆さんから、
「渉子ちゃんは、どんな練習をしているんですか?」とよく聞かれる。
太田渉子のある1週間のトレーニングだ。
*********************************************
月 休養
火 ラン+ウエイト(スピードパワー) 1,30h 
   ラン+筋トレ(ホールディング) 1,30h
水 ポールウォーク(スピード 7~10分x5本) 2,20h
木 スキー(基本)1h+射撃
金 スキー(スピードパワー)2h
土 持久走(軽い)スキー3h+ポールウォーク1h
  ラン+射撃   
日 スキー(タイムトライアル 7,4km)2h+射撃


(渉子コメント)
週初めは、先週の疲れがありました。
日曜日のタイムトライアルは身体が動きました!
日本チームが来て、バイアスロントレーニングにメリハリが出ました。
渉子
*********************************************


日中も薄暗いフィンランド、日本人一人でのトレーニングも心細いかもしれないが、いよいよバンクーバーパラリンピックまで130日を切った今、中身のある練習が問われている。


全日本チームのチーフコーチでもある小林卓司先生は、太田渉子が取り組む練習メニューに、
意識をもった練習を提案してくれた。
たとえば、気持ちが乗らないときには、「どう対応するのか」
体調が悪いときには、「どう対応するのか」
常にベストの状態で練習できるとは限らない。
だからこそ、自分で自分をコントロールすることのできる「大人の練習」を身につけてほしいとアドバイスしていただいた。


フィンランドのコーチが作ったメニューに「渉子の心」を入れる。
小林卓司先生のいい言葉だ。


そして、何よりもフィンランドのコーチの方々も、
彼女を支えているボッカティの人達も、
太田渉子に、表彰台の真ん中にたってもらいたいと、
今日も早朝から指導していただいている。
本当に感謝だ。


[写真]太田渉子のコーチのユッシーさん
(太田渉子のコーチのユッシーさん


[写真]太田渉子のバイアスロンコーチのビッレさん
バイアスロンコーチのビッレさんも早朝から指導している)


雪を運び、コースに入れるダンプの運転手さんに、
ありがとうのサインを送ると、
手をあげて応えてくれた。

ここボッカティ、僕は大好きだ。


[写真]トラックで雪を運んでいる
(早朝からトラックで雪が運ばれる)


[写真]1年間貯蔵されていた雪を削って運んでいる
1年間貯蔵されていた雪を削って運ぶ


太田渉子のトレーニング関連記事
太田渉子 新しい射撃姿勢
雨のインターバルトレーニング 太田渉子に檄が飛ぶ!
コーディネートトレーニング

フィンランド監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.