1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中のスキートンネルに響く久保恒造の気合い

[ ここから本文 ]

2009年11月 9日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

スキートンネルに響く久保恒造の気合い

2009年11月 9日(月)  [荒井秀樹]

フィンランド合宿、太田渉子、新田佳浩が黙々と走り込む中、
久保恒造は、スピードトレーニングを入れた。
スキートンネルの最後の登り160m、
ここを10本。


[写真]久保恒造
(トンネル内に久保恒造の声がこだまする)


昨年の合宿と同じコース、同じ距離で行った。
シットスキー選手を強くする急な登り坂のインターバルだ。
1本目から、腕にくる。
しかし今年の久保恒造は、昨年とフォームも違うし、
タイムも違う。
実に6秒以上も短縮している。


[写真]スキートンネル
(昨年より6秒近く短縮している)


[写真]力強いストロークの久保恒造
(しっかり重心をかけ、大きく力強いストロークをめざす)


[写真]後半の登りにかかる久保恒造
(後半の登り、ここからが勝負だ)


そして、何よりも違うのは、
昨年は、「借りてきた猫のようにおとなしく・・」滑っていた久保恒造だが、
今年は、自分のための専用コースと思わせるような快走ぶりだ。
トンネル内に、久保恒造の気合いを入れた声が響く。
遠くにいる僕にも、その声が聞こえてくる。


練習後の帰り道。
宿舎前の遊具で、
必ず懸垂をしてから、部屋に入る久保恒造。
強くする秘訣は、こんなところにもあるのだ。


[写真]部屋に帰る前、必ず懸垂をする久保恒造
(部屋に帰る前、必ず懸垂をしてからあがる久保恒造)


久保恒造の懸垂トレーニング関連記事
ニュージーランドのトレーニングジム
ウェイトトレーニングの効果
合宿先での日課
世界覇者クリスに挑む久保


スキートンネル関連記事
仮想ロシアに挑んだタイムトライアル
バイアスロンの負荷射撃トレーニング
カナダ、アメリカチームとタイムレース
今こそ”力”をつける時

シットスキー監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

トーレス理花さんへ
返信が遅くなりました。
無事、帰国しました。
11月28日から12月4日まで、北海道旭岳で全日本合宿です。
北海道の大雪山、寒さも厳しいですが、とても雄大です。

コメント

荒井監督
フィンランドの合宿も順調のようですね。
本当にカウントダウンの段階になってきましたが
チームに自信が感じられて頼もしい限りです。
いつも応援しています。がんばってくださいね。

ちなみに国内の合宿はいつからなのでしょうか?

コメント

北野大地さん
えっ、パスポートですか?
ということは、バンクーバーですね。
もし本当なら、
久保恒造くん、超はりきります!!
応援団長、お願いしますね。

コメント

 聞こえています。札幌でも、美幌でも遠くにいる我々にも、監督のおかげで。
 久保選手の気合いの入った声と力のこもった一漕ぎに感動し、活力になってます。
 パスポートとってきます。

コメント

北の国からギターさん
コメントありがとうございます。
フィンランド合宿が終わると、北海道での国内合宿になります。
ワールドカップはノルウェーで始まります。
1ヶ月後の12月中旬からです。
応援お願いします!!

コメント

秋去冬来春不遠(秋去りて、冬来たりなば春遠からじ)。春不遠~冬の厳しさの中にすでに春は来ている。健康留意、もっとガンバレ!!

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.