1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 監督日記
  4. の中の新田佳浩がタイムトライアル

[ ここから本文 ]

2009年11月17日(火) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新田佳浩がタイムトライアル

2009年11月17日(火)  [荒井秀樹]

新田佳浩がスキートンネルで5kタイムトライアルを行った。
スキートンネルは、年中スキーができるが、
コーチにとってありがたいのは、
いつも同じ条件(気温や雪質)、同じ距離・コースでタイムトライアルできることである。

今は、トレーニングジムで岡野憲一コーチ(JISS)の筋力アッププログラムをこなしているから、筋肉痛もあるし、疲労もたまってきている。
でも、今日の新田佳浩の走りは、身体も動いていたし、昨年より大幅なタイム短縮した。


[写真]新田佳浩
(5kmトライアル、ゴールする新田佳浩)


5kmを13分09秒(計算タイム)で、昨年の同じ時期、カナダチームとのタイムレースでは、14分20秒だから、1分10秒も短縮している。

昨シーズンは、夏から秋にかけて、スキーシューズが合わなかったり、腰痛で苦しんでいたこともあったが、
今シーズンは、順調にトレーニングをこなしてきた。
神津正昭選手(ブルボンスキー部)や井川純一選手(岐阜日野自動車スキークラブ)と帯同してトレーニング出来たことが、大きな要因の一つだろう。
しかし、課題も見つかった。
1周目と2週目の差が18秒あり、後半のスピード持久が課題でもある。
この後、11月25日から北海道旭岳に入り、走り込み、スピードトレーニングへ次のステップへ進めていく。

マイナス7℃のスキートンネル。
新田の調子のバロメーター「よだれ」、
今日も、もちろん絶好調だった。


[写真]新田佳浩
(調子のバロメーター、よだれが・・・)


タイムトライアル関連記事
スキートンネルに響く久保恒造の気合い
仮想ロシアに挑んだタイムトライアル
カナダ、アメリカチームとタイムレース

クロスカントリースキー監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

クロカン王子さん
ふーたんさん

コメントありがとうございます。
そうなんです!!
新田選手のよだれは有名で、各国のコーチも知っています。
よだれをふくことは、一回スキーポールをつけないということです。
1秒の戦い。
厳しいですね。
また、コメントお願いしますね。

コメント

ば、バロメーターなんですか・・・?
ちょっと女子的にはビックリしちゃいますね
新田さん、お疲れ様でした!

コメント

トレーニングの成果がハッキリと
TIMEに表れていますね。
これも監督さんやコーチのチカラ!!
来月からのW杯、
そしてバンクーバーパラリンピックでの
日本チームの滑りに期待大ですね☆

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.