1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. バイアスロン
  4. の中の久保恒造、北海道新聞に掲載される

[ ここから本文 ]

2009年11月19日(木) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

久保恒造、北海道新聞に掲載される

2009年11月19日(木)  [荒井秀樹]

フィンランドで合宿中の久保恒造、北海道でのトレーニングの様子が北海道新聞で紹介された。
美幌では、主に持久系のトレーニングとして車椅子マラソンのレーサーで身体をつくっている。
北海道新聞記事をノルディックスキー日本チームのホームページにアップしていますので、ご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/japan-team/09-10/press/20091024kubo.pdf
(PDFが別窓で開きます。237.8KB)


久保恒造の射撃トレーニング、最終段階の重負荷トレーニングに入った。


登り坂を全力で登りきり、心拍数がどんどん上がっていく。
そして、その下り坂。呼吸調整をいれながら、トップスピードで下っていく。


[写真]久保恒造
(登り坂を行き、下ると射場がある。心拍があがる。)


射場に入ってきた。大きいフォームで射座に向かう。
すでに、的(てき)をにらみ、目を離さない。


[写真]久保恒造
(射場に戻ってきた久保恒造。この時から的(てき)を見ている。)


射座に着く。
正面から的(てき)を見る。心拍は170前後だ。


[写真]久保恒造と阿部コーチ
(的(てき)から目を離さない。)


すぐに伏せ撃ちの体勢をとる。
この時に、コーチからライフルを受け取る。
パラリンピックだけの特別ルールだ。
初弾まで15秒、昨シーズンは25秒かかっていた。


[写真]久保恒造と阿部コーチ
(伏せ撃ちの体制に入る。)


ライフルを固定するスリングをつける。素早く、何回も繰り返す。
そして重要なことは、無駄のない同じ動作を筋肉に記憶させていくことだ。


[写真]久保恒造
(スリングをつけ固定する。)


射座到着から5弾撃発まで25秒前後で撃ち抜く。
1発ごとに1呼吸を入れ、リズムが大切だ。
阿部コーチの「3,4,5・・」と
秒読みの声が緊張感を高めていく。
「満射!!」


[写真]久保恒造と阿部コーチ
(阿部コーチの秒読みが響く。)


撃ち終わると、すぐに起き上がりコースへ戻っていく。
しっかり前傾をかけ、すぐにトップスピードへ持っていく。


[写真]久保恒造
(撃ち終わると素早くコースに戻る。1秒も無駄に出来ない)


本格的な冬到来のフィンランド。
本当に寒い。
しかし、このトレーニングを何回も、何回も繰り返す。
3月のバンクーバー。
あと110日。
何回も、何回も繰り返す。


射撃トレーニング関連記事
射撃予習
射撃トレーニング
バイアスロンとは?
パーフェクト射撃
太田渉子 新しい射撃姿勢
バイアスロンの負荷射撃トレーニング

バイアスロンシットスキーフィンランド合宿日記監督日記トレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

北野大地さんへ
障害者スポーツもここ数年、
大きく変わってきました。
でも、まだ選手たちが、思う存分トレーニングできる環境は、まだまだです。
そのためにも、多くの企業や地域の応援が必要です。北海道でも、ぜひ大きな流れを期待しています。

コメント

 荒井監督ご苦労様です。新聞に取り上げられることが多くなってきましたね。先月末?も日経産業で日立システムの障害者スポーツへの取り組みが紹介されてました。
 久保選手、阿部コーチの美幌コンビも期待してます。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.