1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. ワールドカップ
  4. の中のワールドカップ第2戦フランス大会 第2日 太田渉子が4位

[ ここから本文 ]

2010年1月29日(金) [日立ソリューションズスキー部]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

ワールドカップ第2戦フランス大会 第2日 太田渉子が4位

2010年1月29日(金)  [日立ソリューションズスキー部]

国際パラリンピック委員会(IPC)主催のワールドカップ第2戦の2日目が、1月28日、フランス・オートモーリエンヌで開催され、男女クロスカントリースキー・スプリント・フリーが行われました。
日本からは8選手が出場し、太田渉子が4位に入りました。


【IPCノルディックスキーワールドカップ第2戦:
フランス大会第2日】

■開催日/1月28日(木)
■スタート時間/午前10時 
■時差/日本より-8時間
■開催地/フランス・オートモーリエンヌ 
■天候/曇 気温/8℃ 雪温/-11℃
■開催種目/男女クロスカントリースキー・スプリント・フリー
■競技方式/予選から始まり、準々決勝、準決勝、決勝を行なうノックアウト方式。
予選上位16人が準々決勝へ。準々決勝上位8人が準決勝へ(4人1組を4レース)。
準決勝は4人1組で2レースを行い、各レース上位2人が決勝へ進出。
決勝は4選手により行う。


■男子
▼座位の部(1km)
久保恒造(日立システム) 準々決勝敗退 
長田弘幸(日立システム) 予選敗退


▼立位の部(1.2km)
新田佳浩(日立システム) 準々決勝敗退
佐藤圭一(中電CTI)  準々決勝敗退  
瀧上賢治(JAF愛知)   準々決勝敗退 


■女子
▼立位の部(1.2km)
太田渉子(日立システムJSC) 4位
出来島桃子(新発田市役所)   予選敗退


▼視覚障害の部(1km)
鹿沼由理恵(DHLジャパン) 準決勝敗退


■荒井秀樹監督の談話
太田渉子が唯一決勝に進んだが、メダルには届かず4位だった。
男子は予選を座位の久保恒造が2位、立位新田佳浩が3位で通過したが、準々決勝ではそれぞれ3位で準決勝進出はならなかった。
日本選手はノックアウト方式のレース経験が不足している。
パラリンピックではスプリントはクラシカルで行われる。
今日の課題をしっかりパラリンピックに生かしたい。


フランス大会関連記事
ワールドカップ第2戦 4選手ともフランス遠征へ
1月27日 IPCノルディックスキーワールドカップ第2戦フランス大会開幕!
ワールドカップ第2戦フランス大会 第1日 久保恒造が2位入賞!

クロスカントリースキーニュースワールドカップ

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.