1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 太田渉子のフィンランド留学レポート
  4. の中のReijo Jylhaコーチ

[ ここから本文 ]

2010年5月24日(月) [太田渉子]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

Reijo Jylhaコーチ

2010年5月24日(月)  [太田渉子]

フィンランドで1番お世話になった方へ、やっとメダルの報告ができました。Reijoコーチはニコニコの満面の笑みで祝福してくれました。奥さんのElinaも手作りのベリージュースとマシュマロでお祝いしてくれました。


[写真]太田渉子とフィンランドのレイヨーコーチ
(フィンランドのレイヨーコーチと)


Reijoが最初に気にしたのは、バイアスロンのライフルは大丈夫だったのかです。1年前からバイアスロン競技で金メダルを目指すと話していました。それが7位と11位。納得できるものではありませんでした。最終日のメダル効果で忘れていましたが1番重要なことでした。


昨シーズンのワールドカップでは銃トラブルに悩まされました。シーズン中は大会や事前合宿でしか練習できませんでした。それ以外は工場にあったからです。身につくには時間がかかるが、忘れるのは速く簡単です。3ヶ月で約3週間しか練習していませんでした。本番ではメダルを取れるだろうと安易に考えていた自分が恥ずかしくなりました。それを聞いたReijoは、「バイアスロンではまだまだ伸びる可能性がある。まだ若い」と、ゆっくり言いました。


そういえば、「リトルリトル・ガール」と呼ばれていたな~と懐かしくなりました。留学2年目までは小~さい女の子でアスリートと見られてなかったのです。18歳で年間500時間の練習をこなせるようになり、3年目にようやく高校生の練習メニューをさせてもらいまいた。
この2年間は年間550時間をやりました。Reijoは「作った練習量と質をこなせるようになったことが嬉しい」、私に「満足している」と言います。その言葉から自分をスキー選手として認めてくれたと感じ、本当に嬉しかったです。


Reijoは続けます。「夢が叶い、満足し、スキーへの意力がなくなったらお終いだ」。私は違う。「目標としていた金が取れなかった。16歳のバイアスロンの銅メダルから20歳のクロカンの銀メダルは確実に力がついてきたが、まだ若い。30歳前後が身体的・技術的に1番良い時期だ。それまで高いモチベーションで努力したものが真の勝者になる」、と。


「24歳も悪い年齢ではない。ソチパラリンピックでは金メダルを狙える時期だろう」。


銀メダルに安堵し、少し満足していた自分がいました。この言葉はOFFだった心に再びエンジンがかかるように私を勇気付けました。


Kiitos paljon.
Nahdaan sochissa!


関連記事
レイヨ氏のスキーテクニック指導
太田渉子のフィンランド留学 ソトカモ高校スキー部の朝練習
バイアスロンとは?
涙のメダリスト!新田佳浩、太田渉子から「日本の皆さん、応援ありがとうございました」

クロスカントリースキーバイアスロン太田渉子のフィンランド留学レポート

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

あれからずいぶん長い時間が経ったような気がします。渉子選手が,いよいよ社会人になるという新聞記事を読んで,どこでどんな仕事をするのかなと,ぼんやり思っていたら,フィンランドにいたんですね。渉子選手は,やっぱり世界を駆け巡るのが似合っていますね。ワールドクラスの選手になったんだなあって実感します。
レイヨーコーチの言葉には,重みを感じます。
わたしも,自分の仕事に対する教訓とさせていただきますね。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.