「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 応援・支援
  4. の中の初心忘るべからず

[ ここから本文 ]

2010年7月22日(木) [新田佳浩]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

初心忘るべからず

2010年7月22日(木)  [新田佳浩]

網走合宿も無事終わり、1月に入院して5月に退院した札幌の祖叔父のところにメダルの報告と挨拶に行ってきました。


札幌に在住ということで、お金のない学生時代は大会や合宿のためよく宿泊していました。


約10年ぶりに会う祖叔父は、想像していたより元気で祖叔父の家族が集まっていただきました。


[写真]札幌の祖叔父の家族
(札幌の祖叔父の家族)


初めて会う方もいましたが、家族や親族の大切さというものを感じる機会でもありました。


翌日は、小林先生の勤務している倶知安高校へ。


校長先生や教頭先生、そしてスキー部の生徒にもメダルの報告をしました。


スキー部の生徒がトレーニングをする姿、たくましくなっている様子を見ると、僕も頑張ろうという気持ちになります。


夜は小樽市の体育指導員の方とお食事。


宿泊は、小林先生の自宅です。


そのとき飾ってあった写真がこれです。


[写真]長野パラリンピック前の合宿写真
(長野パラリンピック前の合宿写真)


長野パラリンピック前の旭岳合宿での写真です。


今では日本チームが海外遠征をしても、「新田のクラシカルのテクニックはすばらしい」勝てば「Congratulations!!」と賞賛されますが、当時は本当に右も左もわからない。レースに出場しても「何でレベルの低い日本選手が滑っているんだ!!」と言われるような時代でした。


長野パラリンピックを知っている現役選手は、長田選手と私だけ。


今は海外合宿や、多くのスタッフを帯同するのは、当たり前になってきていますが少し前まではそんなことは当たり前ではなかった。


『初心忘るべからず』


本来の目的、目標、そして熱意。


いつの間にか忘れてしまいがちな気持ち。


少しでも上手くなりたい。強くなりたい。


そのことを忘れてはいけない。そんなことを気づかせてもらいました。


[写真]長野からバンクーバーまでの軌跡
(長野からバンクーバーまでの軌跡)


「初心忘るべからず」関連記事
バンクーバーパラリンピックまでの目標
ワックスをしながら思うこと

応援・支援

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメント

岸さん、コメントありがとうございます。
今回は短い時間でしたが、皆さんとお会いできて本当によかったです。
シーズン中だけでなく、機会があればまた遊びに行きます。
北海道も暑いと思うので、身体には気をつけてください。

コメント

札幌の岸です。佳浩さんの祖叔父の長女です。先日は会えて本当にうれしかったです。初めて見る金メダルに感動し、また佳浩さんの気さくな人柄に、私たち札幌の親戚一同は本当に「会えてよかった」と何度も言ってたんですよ。父も しばらくインターネットを繋いでなかったのですが昨日繋ぎ、このブログを見て喜んでいました。お忙しいとは思いますがまた北海道へ是非遊びに来てくださいね!

コメント

池田さん

コメントありがとうございます。
ばっちり池田さんも写っていますよ。
長野のときは、ハラール、ヘンリクセンの指導を受けていましたねぇ。
あのころが懐かしいです。
今は、長田、久保の両選手が、日本のシットスキー界を引っ張っています。新しい選手が出てくるように頑張っています。

コメント

新田君、卓さんの家に泊まったんですね。
旭岳での写真、私も一緒に写っていましたね。
私も初心を忘れず、ハラールを忘れることなく、シットスキーと障害者クロスカントリースキーを、もっともっと、多くの人に知ってもらえるよう、努力したいと思います。

コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.