「チームAURORA(アウローラ)」の選手・監督が、日常の素顔から大会日記までお届けします。

パラリンピックを目指す日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)ブログ」

  1. ホーム の中の
  2. [ノルディックスキー競技]
  3. バイアスロン
  4. の中の新潟県立胎内ライフル射撃場

[ ここから本文 ]

2010年9月17日(金) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

新潟県立胎内ライフル射撃場

2010年9月17日(金)  [荒井秀樹]

長田弘幸・久保恒造は、新潟県胎内市にある県立胎内ライフル射撃場においてバイアスロン射撃合宿を開始した。


[写真]さぁ、射撃練習だ!笑顔の二人
(さぁ、射撃練習だ!笑顔の二人)


コーチは、バンクーバーパラリンピックコーチで長野県ライフル射撃協会理事長の関川孝雄氏
また、全日本の出来島桃子選手(新発田市役所)がお世話になっている新潟県ライフル射撃協会事務局長の小林知昭氏からも会場準備や指導を頂いた。


[写真]関川先生(中央)、小林先生(右)からアドバイスをもらう
(関川先生(中央)、小林先生(右)からアドバイスをもらう)


長田、久保の二人は、昨日、北海道からフェリーで新潟港につき、早速、射撃練習を始めた。


ルールでは、メタルターゲット15mmの的となっているが、より命中率を上げるために、ソチ対策として10mmの的を特注した。
この的で、徹底的に命中率を上げていきたい。


いろんなアイデアを出し合って強化策を練って行く。
他国と同じことをやっていては、勝てない。
バンクーバーの教訓だ。


[写真]ソチ対策、特注10mmの的
(ソチ対策、特注10mmの的)


射撃練習 関連記事
久保恒造の課題
バンクーバーパラリンピックで”満射”をめざして
太田渉子の専用射撃場

バイアスロントレーニング

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.