1. ホーム の中の
  2. [チームAURORA(アウローラ)の活動]
  3. 合宿日記
  4. の中の雪のダハシュタイン

[ ここから本文 ]

2010年10月18日(月) [荒井秀樹]
一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事

雪のダハシュタイン

2010年10月18日(月)  [荒井秀樹]

日曜日、天候が荒れて山は雪となった。ラムサウの街にも雪が降ると言われていたが積もらなかった。
ダハシュタインの標高2700m付近にあるコースは、視界ゼロに近い吹雪。


[写真]コンテナ外観
(コースには、コンテナが一つ置いてあるが暖はない)


それでも、沢山の選手たちが久しぶりの雪に喜びトレーニングに励んでいる。
ヨーロッパの年間を通して、スキートレーニングできる環境が羨ましい。


[写真]選手とコーチたち
(黙々と走り続ける選手たちと見守る各国のコーチたち)


雪が積もるとコースも消えてしまうため、圧雪車がコースを踏みかためていく。これがないと選手たちは走れない。
僕の子供のころは、圧雪車やカッターはなかったから、みんなしてコースを踏み固めていた。だからスキーをしたと言うより、雪を踏み固めてコースを作った記憶の方が残っている。
今、考えてみると本当に便利になった。


[写真]圧雪車と選手たち
(圧雪車がフル回転)


[写真]圧雪車がコースをつけていく
(圧雪車の後ろにカッターを牽引しクロカン用のコースをつけていく)


新田佳浩は、この日クラシカルトレーニング。
吹雪の中、豆粒くらいの大きさでも、すぐに「新田だ」とわかる。
片腕だからと言うわけではなく、新田佳浩のキックになる。
両腕で推進する選手に負けないクラシカルの走り。
今シーズンは、そんな強みを生かし、もっともっとフォームに磨きをかけていきたい。


[写真]クラシカルトレーニング中の新田佳浩選手
(カッターでつけたコース(溝)に入ってクラシカル走ができる)


ラムサウ合宿 関連記事
ヨーロッパのトレーニング環境
氷河で心に誓う
ラムサウに雪が降る
新田佳浩 ラムサウ合宿はじまる

合宿日記監督日記

一番古い記事 過去の記事 記事一覧 新しい記事 最新記事
コメントを投稿する

コメントは当ブログ管理者が承認後に表示します。

 

 

ページトップへ
BLOGGER スキー部 陸上競技部

ページトップへ
Hitachi Solutions, Ltd. All rights reserved.